物書きに絵を提供する半端絵師の話。

作者 手嶋柊。

描きたい。だけど、描けない

  • ★★ Very Good!!

小説と絵描き、その両方が好き故に、好きな作品のためにファンアート(FA)を描く人種がWeb小説界にはいる。
中途半端であるがために抱く劣等感、向上心が元となる葛藤……これはエッセイではない。それを三人称視点で描いた"物語"——ノンフィクションである。
少しでも絵を描いたことがある者、絵を描くのが好きな者なら、一定の共感を覚えることだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

誤字などのところはさておき、冒頭から終盤までの絵師を目指さんとする幼少からのエピソードを、自分の過去と重なってしまった点がかなり多く、背中をつつかれる気分に苛まれた。とにかく描くしかないのに、卑下し… 続きを読む

TAMA-CHANさんの他のおすすめレビュー 82