物書きに絵を提供する半端絵師の話。

作者 手嶋柊。

自分への問いかけのようにも感じた

  • ★★★ Excellent!!!

当然、本作は作者様の心の吐露と見るべき作品だと思います。

ですが、私は本作の文章に、読んでいる自分自身への問いかけを受けた気がしました。なぜなら、Web上で小説を書いている自分自身も、結局は自己満足をガソリンに走り続ける不安定な立場に変わりは無いからです。

自分はなんのために書くのか。

プロになりたいのか?
楽しいから書くのか?

自分は何になりたいのか?

ストレートであるだけに、その問いかけは多くの人に一読して欲しいと思いました。そして、これだけは言えます。

俺はどんなイラストでも、頂けたら家宝!めっちゃ嬉しいです!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ここのえ九護さんの他のおすすめレビュー 148