物書きに絵を提供する半端絵師の話。

作者 手嶋柊。

向上心、挫折、そして昇華。

  • ★★★ Excellent!!!

これは恐らく、作者様のノンフィクションストーリーである事でしょう。

主人公である『彼』は興味本位で絵に関わるようになった。そして徐々に心に膨れ上がる向上心、そしてこんなのでいいのかという挫折。その繰り返しを、今まで何回も受けた事か。

これは商業ではないフリーの絵師にも言える事でしょう。その苦悩がありありと伝わってきますが、同時に絵師の満足感も感じられて、何か嬉しく感じますね。
フリーの絵師の方々には、ぜひこの物語を読んでほしい物です。この物語を見て何か掴める事が出来れば……そう願いたいものです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

榊あんかさんの他のおすすめレビュー 241