物書きに絵を提供する半端絵師の話。

作者 手嶋柊。

ファンアートの闇を抱えた主人公

  • ★★★ Excellent!!!

 ダウナーな内容ながら非常に興味深い話。絵が中途半端に上手い主人公が卑屈ながら絵に興味を持つ過程がリアルに表現されております。
 また、人の心情を考察した面が特に卑屈ながら面白い。
 キャラクター絵を書いたことのある人、興味がある方は非常にオススメです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

バンブーさんの他のおすすめレビュー 292