地を這う魔性の深い事情(わけ)

作者 エディ・K・C

75

27人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ああ。めっちゃ面白かった。
すみません、突然素直な感想から入りました。一度読んでみると分かるのですが、もうね。指が止まんないんですよ。続きが気になってしょうがない。それくらいたくさんの魅力の詰まった一作となっております。

大変個性の詰まった登場人物が揃っているのですが、特にわたしが素晴らしいと感じたキャラはアンズというヒューマノイドと、〈ネコババ能力〉を持った真夜。
アンズと主人公辰彌の兼ね合いは本当に面白い。毒を吐くヒューマノイドです。わたしはアンズを見ると、何故か元気をもらっていましたw
そしてこの作品の中でキーとなりヒロインでもある真夜の設定は大変素晴らしいと感じました。いわゆるツンデレであり、人をイラつかせる天才でもある真夜の言葉は、読み手であるこちらも非常に引き込まれ、時に嫌悪感を感じるほど。これは素直にすごいと思いました。書き手であるこちら側が大変勉強になる真夜の表現力に、わたし自身もネコババされていたんじゃないかと思うくらいに。

そんな真夜の小さな体に抱えきれないとても大きな責任と苦痛。それが辰彌と出会ったことで少しずつ解けていくのが目に見えて分かります。

皆様も感じておられるように、恋愛要素もあり、SF要素もあり、ミステリー要素もあり。また作者様の得意とされるあちこちに散りばめられた違和感が最後にはピタッと綺麗にはまる楽しさの詰まった、大変な傑作となっております。読み手を飽きさせない世界が、ここにはあります。

ぜひ、御一読を。自信を持って、おすすめ致します。

★★★ Excellent!!!

それぞれの背中に様々な事情を背負いながら出会った少年と少女。
2人が行く道は、余りにも不透明で重く先が見えないものだった。

先を追うごとに紐解かれ繋がっていくストーリー、その緻密さにグイグイ心を持っていかれました。
じっくりじっくり読み返したい作品だと思いました!

スピンオフの作品も是非合わせて読まれると、より味わいが深まりまると思います。

アンズさん好きですー!

★★ Very Good!!

SFボーイミーツガールもの。

難ありのヒロインですがその裏には重たい事情などがあり、そういったヒロインとのボーイミーツガールは物語に起伏があって読んでいて楽しめました。ヒロイン以外のキャラクターも個性的で好感が持てましたね。とくにアンズのキャラは素晴らしかった!

また後半につれて伏線のうまさを実感しましたね。「あのシーンが実はこう繋がっていました!」みたいな伏線はミステリーなテイストとして機能し、これがまた物語の面白さに拍車をかけている印象を持ちました。

キャラクターや伏線等々、よく作りこまれた作品でしたね。設定にこだわった作品を探されている方は是非読んでみてください。面白かったです。

★★★ Excellent!!!

などと小難しいことを書いていますが、端的に言うならば『ツンデレ最高』ということです。
理由なきツンデレもいいですが、理由のあるツンデレはより素晴らしいもの。
本作品のヒロインはまごうことなき後者のツンデレです。作品世界の設定やギミック、ストーリーを抱え込んだ結果、彼女はツンデレとしか言いようのない存在として、主人公の前に現れるのです。
緻密な設定の数々も、作者様がツンデレを書きたいがために創り出したのではないかと邪推してしまうほど、ヒロインの個性と不可分につながっています。
複数のジャンルの要素が絡み合った本作品ですが、SF好きの方も恋愛好きの方も、そしてもちろんツンデレ好きの方にもおすすめできる良作です。

★★★ Excellent!!!

始めから終わりまで、実に安定した筆致で、不安定(褒め言葉です)なストーリーが紐解かれていくという、実に高度な作品だと思います。

そこにギャグあり、不気味さあり、ということを盛り込みつつ、まとめ方も実に綺麗です。主人公がヒロインに感情移入するだけの要素も十分散りばめられており、過不足のない感じです。

さらに、伏線の張り方は要注目です。凱旋門の件などが分かりやすいですね(これ以上はネタバレになるので控えますが)。

ただ、これはこちらの勝手な先入観&好みの問題なのですが、もっとハードな展開や広い世界観を妄想しておりました。一種の絶望感、と言いますか。

海中調査(過去話)の時点で十分引っ張ってくれているのですが、「あの時の不気味な虫があああ!!」という恐怖感や一種のグロさ、みたいなものは、もう少し人間側にもあってもよかったのではないかと。

それを差し引いても、十分すぎるほど読み込める一本でした。

★★★ Excellent!!!

RePAESの能力の凄さを知り。
RePAESの魔力の恐ろしさに戦慄する。
それでも、RePAESの魅力に皆が惹きつけられる。

長い長い歴史の悪戯を経て……ハイテクノロジーと特殊能力に振り回される少年と少女の好奇心と心の機微、そして乗り越えるべき時に訪れる葛藤が、リアリティー溢れる表現で描かれている、映画の世界のような長編。

――その伏線は……最後まで読まないとわからない。

繰り返し読むほどに、新たな発見と「味」が深まる作品です☆

★★★ Excellent!!!

最初は恋愛ジャンルで登録されているので
恋愛ものだろうと予想して読み始めましたが
恋愛+SF+ミステリーという複合的な要素が絡み合った
複合的な作品であるといえるでしょう。

得てして色々な要素を詰め込むと、見事に破綻するのですが
この作品は全てが融合して面白い結晶となっています。

人と人、心と心、人とヒューマノイド、ヒューマノイドと心
こういった対比が、全編を通して一本の柱となり
最終的なエンディングが男女の愛情で終わっているところに
作者様の訴求したい、人間の失ってはいけない部分を感じました。

読み終えて深く思うことは、結末まで二転三転するストーリーを
ここまで支えているキャラクター設定って凄いということです。
読者から見て、最初に見えるのは作中のキャラクターなので
そのキャラクターを見事に使いこなして、このストーリーを
考えられた作者様に脱帽いたします。
今回は有難うございました。

★★★ Excellent!!!

小説を読む上で、ジャンルというものは重要な指針となることもあれば足枷となることもあります。ただ、特定のジャンルに苦手意識を持っている方も、この物語に関してはそういった先入観を一切排して読んでいただきたいです。とにかく本文を読みましょう。さあ早く!
物語本来の面白さとは何か。その答えがここにあります。漫画、アニメ、実写etc……あらゆるジャンルを喰い破り、どんなパッケージ化にも耐えうる本物のエンターテインメントです。

余談ですが、自分は恋愛ものをあまり読んでこなかったので、登場するヒューマノイドの名のような甘酸っぱい恋愛要素をメインに堪能いたしました。

★★★ Excellent!!!

ジャンルがSFとなっていますが、これは人によっては取り方が変わってくるかもしれません。そのため、ジャンルに縛られずに読むことをオススメします。

注目するポイントとして、人対人の関係、人対ヒューマノイドの関係を対比させながら、少年と少女の関係を見事に奥行きの深いドラマに仕立てあげられています。

また、少年という立場も絶妙で、大人の都合に対する苛立ちや敗北感など、コミカルな部分から一気に深い所まで物語に引きずり込む手腕には心を揺さぶられ続けました。

文章もひっかかりなく流れるように読めますので、安心してドラマに浸れること間違いなしです。

ラストに向けて明らかになっていく事実を前に、ラストまで一気読みしてしまいました。そのくらい、作り込まれた作品でした。

素晴らしい作品と楽しい時間を提供していただきありがとうございました。ぜひ、みなさまも一度読まれてみてはいかがでしょうか?
自信を持ってオススメします!!

★★★ Excellent!!!

レビューまで三日。キャッチは素直なわたしの感想ですが、一番伝わるかと思い切って、レビューの生声をあげます。

小説には「無駄なものはない」と言われますが、この作品がまさにその言葉に当てはまるかと思います。
バラバラだったピースが、しゅっと最後に1つに集約され、その上で、命題が昇華して、タイトルに溶け込んでいく。
アニメでもなく、映画でもなく、ゲームでもなく、ドラマでもないけれど、アニメでもあり、映画でもあり、ゲームでもあり、ドラマでもある。

全ての媒体を網羅している上、ジャンルも多岐に渡っております。
そこには、ラブコメ風味の読みやすさの工夫もあり、昆虫部分の丁寧な描写もあり、「???」と思わせるも計算済みの緻密な構成があり。
エンタメであり、SFの流行のカケラもあり。

途中まで応援コメントを考えながら読んでいたのに、気がついたら「どうなってるの? どこで終わるの?」と夢中になって読了でした。

STORYは一言では語れません。だから、この物語全部がSTORYです。

余談ですが、ツインピークスの緻密さを思い出しました。
意味が無いと思ったキャラのあの時の台詞、行動こそが伏線で、伏線に伏線が重なり、更なる伏線になる。
伏線同士が大蛇のように絡んで、いきなりの本題。本編に繋がった時のピースが足りなくて、もう一度みなおしたものです。

この小説はまさにその時のライブ感に似ていました。
途中で「?」な繋がり方をします。しかし、そこで止めずに読み進めて見てください。作者に、物語に騙されましょう。
きっと、感動のEDと、静かでそっと世界が広がり消える、蜃気楼のような現実に戻るLASTが待っています。

脱帽です。絶対に読み飛ばさず、じっくりとお読みください。

★★★ Excellent!!!

初めあらすじを読んだときは超能力がメインの話だと思っていました。しかし序盤読み進めるにあたってSFなのかな、と印象が変わっていきました。
そのあとは現代ドラマ的な衝突、苦悩、考えさせられる背景設定などが現れ、いったいこの話はどこに着地していくんだろうとワクワクしながら一気に読んでしまいました。
最終的には、確かに恋愛カテゴリ的なところに落ち着きました。

上記のように、本作は一本のストーリーラインに様々な視点から様々な要素を盛り込んだ話がふんだんに盛り込まれており、それが作品に素晴らしい奥深さを与えています。
是非ご一読を。

★★★ Excellent!!!

正直に言うと最初タイトルの意味が解りませんでした。
解った時は、ライトなノベルだと思っていた作品が実は文学作品だったと気付いた瞬間でもあり、何だか嬉しくなりました。

そして肝心の物語ですが、面白いのか面白く無いのかと問われれば、こうしてレビューを書いているのだから、お察し下さい。

内容は、あらすじで紹介されている反応性超常能力発現症候群という病気(?)を抱えた少年少女達、そしてそれを取り囲む人達の人間ドラマであり、ちょっぴりラブストーリーでもあります。

プロットを綿密に練ったというよりは、天性の閃きとセンスでグイグイ読者を引っ張っていく類のお話です。
それ故、吸引力は凄いものがあります。

但し全くプロットを練っていないのかと聞かれれば、そんな事はなく、寧ろしっかりと肉付けされ、読者を煙幕に巻く手法はプロット無しでは実現しなかった事と思います。

要するに閃き、センス、プロットの3つしっかり揃った秀逸な作品だと言いたいわけです。

素敵な物語に出会えました。

ぜひ、御一読あれ。

★★★ Excellent!!!

病気を抱え出会う二人、それは、決まっていたのかそれとも、縁でそうなったのか。表現が深く、登場人物の気さくさで、おもしろい場面がいくつかあり引き込まれます。これは、著者様のサプライズと言わんばかりのおもしろさで、圧倒されます。
ラスト、これは、感動のえ?
楽しさの中に努力あり、すばらしい作品です。皆さんも読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

ジャンル定義をするならライト文芸かジュブナイルSFでしょうか。思春期の男女の脆くて不安定で傷つきやすい恋愛模様を、特殊能力という病を通じて描いた作品ですね。

おおよその物語では、特殊能力はギフト(祝福)として描かれます。もしカース(呪い)として描くとしても中二病の枷として描くのでやはりギフト扱いでしょうね。

しかしこの物語では徹頭徹尾カースとして描かれます。バトルもしません。ひたすら特殊能力が内面に干渉して、周囲の人間関係を歪ませています。家族や友人ですら。

主人公とヒロインの特殊能力は外敵を打ち払う力としては無力に近いです。間接的には攻撃可能でしょうが、それぞれのキャラの性格からして無理でしょう。

ガツンと重くて、ヌルっと文章が流れていくのが好みの方は、ぜひともご一読ください。

★★★ Excellent!!!

はあ。面白かった。率直な感想から始まりましたが、毎日午前零時がとても楽しみでした。

まず構成力が素晴らしい。話の間に入れられているこのお話の起源とも言える話も、より謎を含ませてきて引っ張り込まれる。
封印された謎の生物?個人によってまるで変わる症状?
まだまだこの小説は無限に広がる予感がします。

なにより二人のキャラクターが魅力的。
後半に向かって二人の内面がどっと出てきた時にガッツリと掴まれました。抑え気味に綴られた表現がかえって傷みや切なさを増幅させます。

近未来設定もとても堅実で、しかし『虫』というキーワード。なぜ近未来で虫なのか?それが途中で分かったあたりで、ああこれだったのかと。伏線のはり方が実に巧妙です。

異能もの。近未来もの。そして恋愛もの。彼と彼女の出会い。この思春期の微妙な心の揺れ。ぐっときます。
是非とも続編を!楽しみにしています!

★★ Very Good!!

巨大人工浮島都市、極東クレイドルに住む高校1年生「八榊辰彌」。
土石流に襲われ辰彌の身体は、右腕の肘から先が失われた。
しかし、辰彌の右肘の傷口が沸騰するように泡立ったかと思うと、再生したのだ。
彼は反応性超常能力発現症候群(RePAES)という病を抱えていた。

そして辰彌の保護者ヒューマノイド「アンズ」は言う。
「私は召使いロボットではありません。辰彌様という、3KMDを保護、
育成するよう、市のヒューマノイド管理局によって“保護者”の認定を受けております」と…。

1章まで拝読いたしました。とても綿密に作られた世界観が素晴らしい作品です。
また冒頭での土石流のシーンへ今後どのようにストーリーが展開されていくのか楽しみです!
アンズの口の悪さが面白い!「3KMD」の意味は是非作品で確かめてみてください♪

★★★ Excellent!!!

ヒューマノイドを保護者にもつ主人公と、ゴシックな服に身を包んだツンツン美少女の出会いによって、物語が始まります。少しずつわかり合って、仲良くなっていく感じだろうと気軽に読んでいましたが、それぞれの心情や立場は、予想を大きく超えてかなり複雑でした。
キャラそれぞれの考え方や行動につながる過去エピソードがとにかく丁寧で、物語にすごく奥行きがあります。
台詞の言い回しにもかなり気を使っているのがわかります。キャラが生き生きしていて、とても好感が持てるのです。
作者様自身が読者にそのように思ってもらうよう、ちゃんと計算している節があり、それが見事に成功している。
そんな細かいことは抜きにして、ストーリーそのものもとても面白いと思います。
まずプロローグで謎を提示しつつ、二話目から日常を描き、どこでプロローグと交差するのかと、ドキドキしながら読み進めることになります。
そして中盤からの盛り上がりで、物語にぐいぐい引き込まれる。
まだ連載中なので、続きが楽しみです。