第8話

 一度家に帰るとき、再び換金するかどうかのメッセージが表示され、換金する物を選択できたため、【魔石:C】と【ヘルスライムの核】を換金することに。

 すると……。


『アイテムを換金しました。【ヘルスライムの核】……50万円。【魔石:C】……50万円』


 となり、合計100万円という大金を再び手にすることになったのだ。

 たった二日で250万円も手に入れたことに眩暈がしながらも、俺は何とか家に戻り、昼食をとった。

 しかも、早速畑にあった食材を使ってみたのだ。

 そのときの献立がこれである。


『超力トマトのサラダ』

『無敵かぼちゃと叡智の大根の煮つけ』

『神速ジャガイモの肉じゃが』


 これらすべての調理に、『無限のジョウロ』の聖浄水を使ってある。

 調理しての感想は、特に地球のトマトやジャガイモと変わらなかったが、味だけが不安だった。

 だが、その心配は杞憂に終わった。


「う、美味い!」


 驚くほど美味しかったのだ。

 俺の料理の腕は人並みだ。だからこそ、この美味さは食材そのものの美味さと言ってもいいだろう。

 それに、食事を終え、ステータスを確認してみると、色々と変わっていた。


【天上優夜】

職業:なし

レベル:150

魔力:3000

攻撃力:4000

防御力:4000

俊敏力:4000

知力:2500

運:4500

BP:5000

スキル:≪鑑定≫≪忍耐≫≪アイテムボックス≫≪言語理解≫≪真武術:1≫≪気配察知≫≪料理:1≫

称号:≪扉の主≫≪家の主≫≪異世界人≫≪初めて異世界を訪れた者≫


「めっちゃ上がってる!?」


 何と、ステータスは500も上昇していたのだ。

 それに、いつの間にかスキルに≪料理≫まで追加されている。

 ステータスが上昇した理由も、スキルが追加されたのも、すべて異世界の食材を食べたからだ。

 何というか、異世界の食材は反則だな。羨ましい。……いや、その恩恵を受けたわけだけどさ。

 そんなことを思いながら、俺は午後、せっかく武器を扱えるだけの筋力を手に入れたので、武術と言うものを調べてみるために、近くの古本屋へ行くことにした。

 図書館は人が多く、利用すると毎回嫌な視線を受けるため、行きたくないのだ。そんな理由からも今から行く古本屋は小さくて、人もいないのでちょうどよかった。

 用意をすませ、すぐに家を出ると真っ直ぐにその古本屋に向かった。

 道中に相変わらず人の気はなく、古本屋についても、お客さんは俺だけだった。

 えっと、武術とかのコーナーは……。


「うわぁ、スゲェ……」


 目当ての本を探して、その棚を見つけると、びっしりと大量の武術や武道に関する本が並べられていた。

 しかも、スタンダードな剣術だけでなく、俺の求める槍術や杖術、鎖鎌術や暗殺術まで、多岐にわたる本がそこにはあった。

 ……って、暗殺術ってどこで使うんだ!? 怖いな!?

 図書館でもこれだけの種類が揃ってるのかは分からないが、とにかく古い本がたくさんあるのは間違いなかった。

 流石に全部買うことも、読みきる自信もないので、どうしたもんかと棚を眺めていると、不意に何冊かの本に自然と目が留まった。

 それらの本は、全部バラバラの武器や流派で統一性はないのだが、何となく本能的な部分がこれを選べと囁いている気がした。≪真武術≫のスキルが関係してるのかな?

 よく分からないが、取りあえずその数冊なら買って持って帰るのも簡単なので、俺は深く考えずにその本を購入し、そのまま家に帰った。

 その後は、晩飯の支度をするまで本を読み進め、夕食をすませてからも読み、気付けば新たに≪速読≫というスキルを手に入れて、買った本を読みきってしまった。

 ただ、もう夜も遅かったので、実践は明日ということで、風呂に入って布団に入り、眠りに就く。

 ――――そして、再びあの激痛に襲われ、俺は気を失うのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます