17






 ◇◆◇◆



「うまうまー! じゅぅふぃー!」

「口にものを入れたまま喋るんじゃないよ」

「んっ!」



 無事に戻ってこられた私は薫くんと子瑛さんとお酒が飲めない者同士一緒に料理に舌鼓をうっている。


 あれから男の人は自ら口走っていた種とやらが何なのか吐かせられるそうで、レオン様とセレイル様が元老院にしょっぴいていった。吐かせるのではなく、吐かせられるという成功ありきで奏様が教えてくれた。その奏様もベッドがまた一つ埋まった……と遠い目をしていたから万が一にも失敗ということは心配しなくてもよさそうだ。


 そして結局、伊邪那美様が現世に遊びにくるという話は一旦保留となった。さすがにこれは口約束ができる範疇を超えていると司法を司るセレイル様に怒られてしまった。元老院長様や上位の神様にお伺いを立てるそうだ。まぁ、一度口約束とはいえしてしまったものは何らかの形で叶えることにはなりそうだがと額をおさえ、ルンルンと足取り軽いレオン様と男の人と三人で朱門を潜っていった。



「ほんと、黄泉に連れていかれたっていうのに食欲旺盛だなんて、一体どんな心臓してんのさ」

「はーとのかたちはしてないよ?」

「これ、片付けて」



 丁度通りがかった東の料理人の神坂さんに、薫くんが取り分けてもらった私のお皿を指さした。



「わあーっ! ごめんしゃい、ごめんしゃいっ!」



 取り上げられてたまるものかと全力でお皿をかばうと、神坂さんは初めから取り上げる気はなかったらしく笑って空いたお皿を回収だけしていった。



「まったく。大儺の儀は中止になったってのに、宴会は中止せず行うなんて、陛下もチビには甘いんだから」

「へへへっ」



 だって、気分は宴会で帰ってきたのに、皆、宴会?なにそれ美味しいの?状態だったんだもの。


 それでも、なんか深刻そうだったから我慢したんだよ? ……我慢、したんだ。あれでも。



「どこに準備はしてた料理の前から動かなくなる神がいるってのさ」

「……ここ」

「あ、これも持ってっていいから」

「ダメっ!」



 だって、すっごく美味しそうだったんだもん! 食べてー食べて―って言ってたんだもん! もったいないじゃんかぁー!



 今だって宴会って形にしてくれてるけど、主だった人達は奥の続き間で食事をとりながら話合いをしている。他のおじさんおにいさん達もいつもよりも全然大人しい。だって、酔っぱらったおじさんがコップ片手に熱唱とか裸踊りとかし始めない。



 あの男の人も捕まったし、元老院の人達もいるし、私も帰って来たし。問題はそうそうないと思うんだけどなぁ。


 ……むむ。



「ちょっとおてあらいいってきます。……とらないでね! もってかないでね!」

「分かった分かった」

「しえーさぁーん」

「だいじょぶ。みてる」

「なに? 僕が信用できないの?」

「いってきまーす!」



 前科二犯、忘れちゃいけないよ、薫くん。



 子瑛さんにしっかりとお願いして、大広間を一人抜け出した。






「ふーんふふーん」



 勝手知ったる南のお屋敷。


 お手洗いを済ませ、大広間に戻ろうと足を進めていると、廊下の端の部屋からなにやらひそひそ声が聞こえてきた。



「まだバレてない、です。だいじょうぶ」



 この声は……劉さん? 皆と一緒?


 と、いうわけじゃなさそうだけど。


 だって、声は一人分しか聞こえてこない。


 何がまだバレてないんだろう?



「またれんらく、わかりました」



 わわっ! 出てくる! 


 盗み聞きしてたのがバレちゃう!



 急いで脇の部屋に隠れると、すぐに劉さんが部屋から出て襖を閉める音が微かに聞こえてきた。


 劉さんてば、足音を普段から消して歩くせいで完全に立ち去ったか分からない。だいぶ待ってからそうっと障子を開けて廊下を覗くと、もう劉さんはどこかへ行ってしまった後だった。



「どうしたの?」

「うひゃっ!」



 私が見ていた方とは逆の方から男の人が一人歩いてきた。確か、西のおじさんだ。


 おじさんは私のすぐそばまで歩いてくると、身体を屈ませて私と目線を合わせてきた。



「みんなが待ってるから広間に戻ろうか」

「う、うん」



 おじさんに手を引かれ、私は皆が待つ大広間に戻った。


 劉さんの姿はどこにもなかった。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます