6







※焔寿 side※



 こちらへ来る時に、千早様から渡された鈴。


 それを二度鳴らす。


 それが帰還に合図となるらしい。



「……」



 言われた通りにやったというのに、何も起きないとはどういうことだ?



「陛下。それ、貸してもろてもえぇですか?」

「あぁ」



 持っていた鈴を綾芽に渡すと、綾芽は鈴を回したり覗き込んだりして隈なく調べ始めた。


 そして綾芽も二度、鈴を揺らした。


 しかし、来る時に現れた赤い大門はやはり現れない。



「……謀られた?」

「千早にか?」


「遅くなりました。少々出るのに手間取ってしまって」



 雅の母親が家の方から駆けてきた。


 だが、遅くなるもなにも帰るためのすべがない今、確実に立ち往生だ。



「どうされたんですか?」

「その鈴を鳴らせば帰れると聞いたが、効果がない」

「呪具の一種ですね。私に貸していただけますか?」

「あぁ。綾芽」

「どうぞ」

「ありがとうございます」



 雅の母親は鈴を両手で包み込むようにして持った。


 しばらくして、鈴の紐を持った彼女は僅かにその鈴を振った。



 リィーン



 明らかに私達が鳴らした時とは音の響きが違う。


 そして、フッと先程までこの場にいなかったはずの影が現れた。



「優姫」



 雅の父神が彼女の背に手を伸ばし、抱きしめた。


 いや、正確には抱きしめかけた、と言った方が正しい。



「陛下」

「む」



 綾芽に腕を引っ張られ、近くにあった木陰まで連れて行かれた。


 そしてそのまま綾芽は二人の方へ視線を投げた。



 これはここで黙って見ていようということか。


 なんだか不穏な感じがするが……まぁ、綾芽がそうしたいのならそうさせておこう。



 私も綾芽の隣で黙って二人の様子を見ていることにした。



※焔寿 side end ※




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます