幽霊の正体見たりなんとやら

1




□■□■




 鳳さんが運ばれたという病院は都を出て一時間ほどの山麓にある大きな病院だった。


 建てられてまだ間もないのか、とても新しい。



「みかどさま。わたし、あるきます」

「そうか? なら手を繋ごう」

「あい」



 消えずに残っていた子虎、疾風が私の肩に飛び乗った。


 私の頭に前足をかけ、両肩にそれぞれ後ろ足を乗せている。



 さすが式神。


 バランス感覚素晴らしい!!



「疾風。私と陛下以外の普通の人には見えないようにしておきなさい」

「ミャウ」



 分かったと言わんばかりに答えた疾風の周りが白い光に包まれた。



「……雅」



 帝様と反対側を見ると、アノ人が手を差し出してきている。


 まだ密かに帝様に対抗心を燃やしているらしいアノ人はなんとしてでも負けたくないらしい。



 お母さんにしか興味がないなら早く帰ればいいのに。


 ちっちゃい! 神様の器としてちっちゃいよ!?



 その時、すーっと視界の隅を何かが通った。


 滑らかな動き。大きさは丁度人の……。



「し、しかたないなぁー!」



 気のせい気のせい。


 だっておばけなんて……ここ病院やった。



 身長の高い二人の手ではなく、腕をぐわっしと抱えこみ、私は心の平穏を無理矢理得たのだった。



「こちらです」



 信号待ちの時に橘さんが前もって病院に連絡していたおかげで面倒な確認作業をせずに病室へ案内された。



「あまり長時間の面会はまだご遠慮ください」

「分かりました。ありがとうございます」



 ここまで案内してきてくれたのはこの病院の院長先生だった。


 しきりに額の汗を拭う様子にすごく緊張してるんだろうなってすぐに分かる。


 ペコペコと頭を下げ、院長先生はそそくさと立ち去っていった。



「雅さん」

「なんですか?」

「いいですか? 鳳さんの怪我を治すのは最小限にしてください」

「どうして?」

「あなたの力は特別だからです。一般人にあなたの力のことを知られるわけにはいきません」



 そう言えば、夏生さん達も言ってた。


 この力は諸刃の剣だって。


 それに、忘れてないよ? 合言葉。


 ひとーつ、神様の力は無闇に使いません!!



「約束できますか?」

「できます!」

「それじゃあ入りましょうか」



 橘さんが病室をノックする。


 すると中から返事がして、横開きのドアを私が帝様達の手を離して開けた。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます