6




「ねぇねぇ。かおるおにーちゃまのごはん」



 パリィィィィン



 な、なんの音!?



 身体がビクッと飛び跳ねたのを見とがめた薫君が頭をポンポンと撫でてくれた。


 そして、膝の上から私を降ろし、音がしたバッグヤードの方へ足早に向かう。


 私もその後を追った。



「ちょっと、何の音?」



 薫君が開けたドアの向こうに黒木さんと後ろを向いた瑠衣さんの姿が見える。


 ひょっこりと薫君の脚の後ろから顔を覗かせて中の様子をよくよく見ると、床にさっきの音の原因だろうお皿が粉々になって割れていた。



「なにこれ。チビ、そこの線から中に入っちゃダメだからね?」

「あい」



 そう私に言い含めると薫君は中に入って黒木さん達の横に立った。



「ねぇ、聞いてる? ……なんで泣いてんの?」

「えっ!? るいおねーちゃま、ないてるの!?」



 思わず中に入ろうとした私の身体を後ろから抱き上げたのは橘さんだった。



「破片がどこまで飛んでいるか分からないので入ってはダメです。薫さんにも言われたでしょう? 陛下もそこから動かないでください」

「分かっている」



 橘さんと帝様も私の後ろからついて来ていた。


 奏様と千早様、アノ人はテーブルに着いたままだ。


 しかし、瑠衣さんが泣いていると聞いた奏様が椅子から立ち上がり、こちらへやって来る。



「ちょっと失礼」



 私達の横を通りすぎ、奏様は瑠衣さんの正面に立った。



「ゔぅー」

「大丈夫よ。少しあちらで落ち着きましょう。……こっちは任せて」

「……すみません」



 バッグヤードの奥にある透明な壁で仕切ってある駅にある喫煙者のための小休憩室みたいな部屋に目をつけ、奏様が瑠衣さんの手をひいてそちらに歩いて行った。


 二人が中に入るとブラインドで目隠しされ、中の様子が分からない。


 黒木さんは瑠衣さんが中に入るまでその背を黙って見ていたかと思うと、しゃがみこんでお皿の欠片を掃除始めた。



 黒木さんが瑠衣さんを泣かせた。


 今までに何度も喧嘩している姿を見てきたけど、いつも勝気な瑠衣さんが涙を見せることなんてなかったのに。



「雅ちゃん。そんな眉間に皺寄せないで欲しいな」

「すきなこいじめ、よくない」

「いじめてなんかいないよ。これはね、僕達にとっては避けて通れない道なんだよ」

「さけてとおれない? まわりみちもだめなの?」

「ずっとそうできたら良かったんだけどね。僕達の回り道はもう終わったんだよ」

「うーん」



 黒木さんが言っている意味が恋愛経験乏しい私にはピンとこない。


 でも、今の事態は私の不用意な言葉が引き金となってしまったことだけは疑いの余地がない。



 他の人の恋愛話に首を突っ込むとロクなことがないっていうけど、本当だったんだ。


 夏生さん、私、本当に悪い子だ。


 綾芽、私、馬に蹴られて死んじゃうかもしれない。



 そんなことをグルグルと考えていると、黒木さんと一緒に欠片を拾っていた薫くんがパンパンっと手を払って立ち上がった。



「別に瑠衣を泣かせようが何しようが黒木さんなら構わないけど、チビがいる時はやめてくださいね」

「分かったよ。雅ちゃんも驚かせてごめんね」

「んーん」

「チビ、お前もこの世の終わりみたいな顔しない」

「あい」



 恋愛って難しいね。


 みんなが笑ってできるならいいのに。


 こっちの世界に来てやっと家族以外に大好きな人が増えた私にはまだまだ早いらしい。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます