青木兼元

作者 風羅 真

16

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

武士として功を立て、名を成したいと志す青木一重。
彼が偶然に見出したのは、一振りの美濃刀である。

美濃刀は美術品ではなく、実用に特化した朴訥な刀と言われるが、
一重が手にしたそれは、機能美の中にも気品が漂う名刀だった。

戦国時代を生き抜き、「そこそこ」の大名となった一武士の
若かりし日の幸運と武勲が、名刀との出会いを通じて描かれる。

潔さと剛毅さのある文章が心地よい。
もっと長いサイズで読んでみたいとも思うけれど、
普段は歴史小説に触れない読者にもおすすめしたい。
北欧神話じゃなくても、カッコいい武器はあるのだ。

★★★ Excellent!!!

戦国時代。姉川の戦いで武功をあげた青木一重と、彼の使用した刀を描く、歴史短編小説。

とてもよくできた、そして題材も面白い作品でした。一本の刀が彼の人生を変え、そしてその後の歴史も少なからず変えたのでしょう。歴史の小さな転換点を丁寧に描いた良作です。