最終話「千の雪と散って」

 多くの犠牲を払い、ソロモン作戦は完遂かんすいされた。

 アヴァロン島と名付けられた孤島ごと、セラフ級パラレイドのメタトロンを殲滅せんめつしたのだ。恐らく、新パーツと合体したメタトロン・スプリームといえど、あの爆発の中で無事なはずがない。

 そう思うしかできなくて、摺木統矢スルギトウヤ曇天とんてんの下を歩く。

 行き交うハワイ軍港の兵士達は、皆忙しそうに足早だ。


「……統矢さん、かさを……あの、無害だとわかってても、その」


 少し離れてついてくるのは、更紗サラサれんふぁだ。

 目を真っ赤に腫らした彼女は、傘を持って後ろに続く。

 振り返らず、言葉もかけられない統矢。

 彼女が残存戦力の全てを、統矢が保護したヘリごと地獄から救った。彼女だけが制御できる【樹雷皇じゅらいおう】は、強力なグラビティ・ケイジで仲間を守って連れ帰ったのだ。

 ただ一人、たった一人の少女を除く全ての生存者を。

 ふと、統矢は立ち止まって空を見上げる。


「なんか……雪みたいだな。放射線とか、ないんだっけか」

「う、うん……Gx反応弾ジンキ・ニュークリアで発生する核物質の半減期は数秒だから。ただ、規模が規模だったし……そ、それに、綺麗でも身体にいいものじゃないですっ、統矢さん!」


 横に並んだれんふぁが、傘をさしてくれる。

 今、ハワイに灰色の雪が降っていた。

 舞い散るそれは、Gx反応弾が炸裂した余波で世界中に散らばった、灰だ。旧世紀の核兵器よりも強力な、絶対元素Gxぜったいげんそジンキもちいた核分裂反応……その熱量は、この星さえ砕く恐るべき破壊力を持っている。

 遠く離れた世界各地で、地球がはつられえぐられた痛みが降り注いでいた。

 統矢は再び、海へと向かって歩き出す。

 あの日、初めて恋人と呼べる人間を知った。

 水着姿の彼女がまぶしかった砂浜に、人の姿はない。

 真夏の日差しが降り注いでたビーチは、重苦しい沈黙の中に沈んでいた。


「……統矢さん……あ、あの……ご、ごめんなさい」


 湿った声が消え入るように響く。

 隣で傘を持って歩くれんふぁは、頬をらしながらうつむいていた。

 ハワイに帰投してからずっと、れんふぁは泣いている。

 その涙が止まらず、謝罪の言葉ばかりを彼女につぶやかせる。一人の勇敢な少女がしめした道は、れんふぁに小さな呪いを植え付けた。未来から来た統矢の曾孫ひまごは、その重さに耐えられるだろうか? たくされた想いも、課せられた使命も……今の彼女を呪いとなって押し潰そうとしている。

 だから、そっと統矢は華奢きゃしゃなれんふぁの肩を抱き寄せた。


「もう泣くな、れんふぁ。お前さ、ありがとな。あいつの……千雪の最期さいごの想いを、お前が形にしてくれたんだ。あいつの願いを、お前がかなえた。だから、俺はこうして生きている。みんなも生きてる」

「統矢さん、でも……」

「千雪は言ったんだ。俺と一つだって。なら、俺の中に千雪は生きている。れんふぁ、俺の中の千雪がずっと、お前を守って支えて、時々寄り添う。だから、もう泣くな」

「……うん」


 その少女の名は、五百雀千雪イオジャクチユキ

 皇立兵練予備校青森校区こうりつへいれんよびこうあおもりこうくのエース、誰が呼んだかフェンリルの拳姫けんき……全国の少年少女が【閃風メイヴ】と恐れる、伝説のパイロットだ。

 今、その伝説は神話となって去りゆこうとしている。

 統矢達は皆、仲間としてそれぞれに悲しみに傷付き、その中で立ち直ろうと藻掻もがいていた。千雪の死はあまりにも大きく、重く、終わりの見えない闇そのものだ。十代の若者が背負い切れぬ重みが、統矢にも感じられて息苦しい。

 それは、れんふぁも同じ筈だ。

 時々統矢には、千雪とれんふぁが友情よりも強いきずなで結ばれているような気がした。

 そのことをようやく、れんふぁは静かに語ってくれる。


「わたし、思い出したんです……自分がいた時代から、この時代……この世界に次元転移ディストーション・リープする時のことを。あっちの世界でも、千雪さんはずっとわたしを助けてくれました。曽祖父そうそふである摺木統矢大佐からも守ってくれて」

「……そっか」

「わたしの知ってる千雪さんは、五百雀千雪少佐は、強くて優しい人でした。だから、曽祖父を止めたかったんだと思います。でも……曽祖父と同じ道は選ばなかった。それでも、あんなからだになってまでずっと、統矢さんを……未来の摺木統矢大佐を追いかけ止めようとしてたんです」


 そんなもう一人の千雪も、れんふぁを送り出す時の戦いで死んだという。

 千雪はれんふぁにとって、この時代で出会う前から恩人で、母であり姉であり、頼れる教官で……そして、全てだったのだ。

 統矢は胸がきしるような疼痛とうつうを、服の上から押さえつける。

 れんふぁは二度、千雪の死を経験したのだ。

 自分の二倍もの痛みを受けて、それでもれんふぁは統矢を気遣きづかってくれる。

 忘却に沈んだ古傷は、再び悲しみに切り裂かれて出血しているのだ。

 統矢はだから、自分の中の千雪がささやくような気がして、強くれんふぁの肩を抱く。


「安心しろ、れんふぁ……この戦いは俺が止める。俺は……未来の俺をブッ潰す」

「統矢さん、でも」

「俺がやるんだ……昔さ、俺にとって凄く大事な女の子がいて、その大切さをはっきりさせないままに殺されちゃって。でも、そのことに向き合わせてくれたのは、千雪だった。復讐で戦うだけの俺に、千雪は戦う意味を与えてくれて……自分と守り守られる仲になってくれた」


 短い恋人達の時間は、終わった。

 奪われた。

 一瞬で。

 永遠に。

 そして今、統矢には千雪がのこしてくれたものがはっきりとわかる。彼女が戦った意味、彼女の守りたかったものが理解できる。

 だが、それを形にする時……激情を抑えられない。

 復讐心ではない。

 もっとドス黒くけた、みにくただれた感情だ。

 統矢の中のにらぐ憎悪ぞうおは今、一人の男へと向けられている。

 そしてそれは皮肉にも自分自身、未来の摺木統矢なのだ。


「れんふぁ、俺は俺を殺す。奴の持つ戦力を全て駆逐する。その日まで、絶対に死なない……千雪を失った痛みを感じ続ける限り、生き残って戦い続ける」

「統矢さん……あっ、あの……レイルさんのことは、いいんですか?」

「俺と同じDUSTERダスター能力者だ。あっちの世界で最初のDUSTER能力者……でも、立ち塞がるなら倒す。あいつが同志と思ってくれても、俺はそれには応えられない」

「……レイル・スルール大尉は曽祖父の懐刀ふところがたなです。彼女だって本当は――」

「向かってくる全ては排撃はいげき撃滅げきめつする。持てる力の全てで、押し通る」


 その前に、どうしても最後の謎を解き明かさねばならない。

 統矢はそのために、ある人物を探していた。

 皇国海軍PMR戦術実験小隊こうこくかいぐんパメラせんじゅつじっけんしょうたい、通称フェンリル小隊の実質的な指揮官である少女は、ハワイに戻ってから姿を消していた。仕事は片付けられているのだが、その幼く小さい姿はどこにもなかった。

 だが、不思議と統矢には彼女の悲しみが感じられた。

 DUSTER能力などという、悲劇と惨劇の果てに生まれた力ではない。

 持って生まれた人の感情が、悲しみを和らげる景色を求めるのだ。そして、彼女も……御堂刹那特務三佐ミドウセツナとくむさんさも同じだと思う。

 灰色の雪が降る中、今日は海も心なしか寒々しい。

 その海に面した砂浜に、一人の軍服姿が立っている。

 じっと海を見て身動きしない、その小さな背中に統矢は語りかけた。


「見つけたぜ、御堂先生……御堂刹那特務三佐」


 統矢の呼びかけに、刹那は振り返らなかった。

 だが、頭や肩に降り積もった灰が、彼女が立ち尽くしていた時間を無言で語る。

 そして、統矢が投げかける言葉は慰めでも非難でもなかった。

 傷のいをするつもりはない。

 統矢は今、心の傷すら愛しい。

 やすつもりはない。

 死んだ千雪を忘れぬために、忘れて欲しいと願ってくれた更紗りんなのために……二度目の喪失を絶対に忘れない。激痛がそれを繰り返し思い出させるなら、その傷を永遠に背負っていかなければいけない。

 全てのパラレイドを剿滅そうめつし、この時代の地球を守るために。


「れんふぁが全部話してくれた。でも……最後に一つだけわからないことがある。御堂刹那特務三佐、あんたは何者だ? 秘匿機関ひとくきかんウロボロスって、いったいなんなんだ?」


 隣のれんふぁが、統矢のそでをぎゅむと掴んできた。

 身を寄せてくる彼女のぬくもりに、今は甘えてしまえる。

 それでも、静かに言葉を選んで統矢は返事を待った。

 振り向かずに刹那は、ただ海だけを眺めて呟く。


「……。それが我々呪われた子供達の名だ」

「リレイヤーズ? あんたや八十島彌助特務二尉ヤソジマヤスケとくむにいの正体か。全部話してもらう……教えてくれ。俺が戦い続けるためには、全てを知らなきゃいけない。俺の憎しみが向かう先を、はっきりとさせておきたいんだ」


 短い沈黙のあとで、刹那は不意にポケットからなにかを取り出した。

 それは、小さなスティックをカラフルな包み紙で覆ったキャンディーだった。

 あの刑部志郎提督オサカベシロウていとくが、何度も統矢や刹那、他の者達にあげていたものである。


「……更紗れんふぁ、我々のデータでこの時代に来たお前なら、知っているな? 思い出していないかも知れんが。西暦2208年、巡察軍じゅんさつぐんと呼ばれる異星人との戦いを経験する中……地球帝國ちきゅうていこくの科学技術は驚異的に進化した。それこそ、パンツァー・モータロイドが陳腐化ちんぷかするくらいにな」

「れんふぁの【シンデレラ】が、あっちの世界の最後のPMRパメラだってな」

「そう、そして地球人類は異星人の文明や科学力をも吸収し、戦い続ける中で……禁断のシステムを生み出したのだ。それが……リレイド・リレイズ・システム。端的に言えば、時空間相互連結装置じくうかんそうごれんけつそうち……少し特殊なタイムマシンだ」


 ――リレイド・リレイズ・システム。

 それは、時空間統合連結装置と呼ばれる禁忌きんきの概念。通常、未来から過去へと干渉し、過去の改竄かいざんを行っても……それは「改竄者が戻る元の未来」と「改竄者が干渉して変化した未来」の二つを生み出す。それぞれは平行世界となって、無限に分岐する未来の一つでしかなくなるのだ。

 そう、未来も過去も無限の数だけ存在するのだ。


「このシステムは、次元転移した先の過去と次元転移前の未来を直接紐付ひもづける。我々の技術では、過去や未来へ飛ぶことはできても、無限の平行世界のどれかを選ぶことはできないのだ」

「我々? じゃ、じゃあやっぱり……あんたも!」

「そうだ。私達リレイヤーズもまた、未来からやってきた。摺木統矢大佐が選択したように、リレイド・リレイズ・システムに己を登録し、久遠くおんとき彷徨さまよう放浪者となった。全ては奴を、摺木統矢大佐を追うだめにな」


 未来の統矢は、持てる戦力の全てと共に過去へと飛んだ。

 だが、刹那達は『』がわからなかったのである。無限に分岐する未来は、その数に等しい無限の過去をもっている。どの過去の世界線を改竄しようとしているのか、わからない。

 だが、はっきりわかっていることは一つだけ。

 大佐は自分で選んだ過去でDUSTER能力者を育成、その全てを引き連れ元の未来へ戻ってくる。

 それを可能にするのが、リレイド・リレイズ・システムなのだ。


「このシステムは、過去や未来に飛ぶ際の世界線を選ぶことができる。故に、摺木統矢大佐はこの世界線を選び、戦力を整え元の世界線へ戻るだろう。DUSTER能力者で編成された、最強戦力を従えてな」

「……少しわかってきたぜ、つまり」

「そうだ。私達は大佐と同じ未来にいたが、大佐がどの過去に飛んだかがわからなかった。その為、手当たり次第に過去へ飛んでは未来に戻り、同じことを延々と繰り返すしかなかった。元の時間軸と行った時間軸は座標が取れるが……奴がどの座標の過去にいるかはわからなかったからな」


 刹那は無限に近い過去を虱潰しらみつぶしに行き来し、その数だけ戦争を見てきた。

 そして、彼女達が何故年端もゆかぬ子供の姿かも明かされる。


「リレイド・リレイズ・システムには副作用がある……未来と過去を行き来するたびに、物質界での自分を構成する遺伝子情報が欠損してゆく。結果、成長が止まるのが早くなるのだ」


 そう言って振り返った刹那を見て、統矢は絶句した。

 そこには、涙と鼻水で顔をグチャグチャにした刹那の涙顔があった。


「摺木統矢……全てのパラレイドを駆逐、殲滅しろ。……頼む、刑部志郎提督のかたきを取ってくれ。これは命令ではない、私からのお願いだ。私の時代から来たお前を、今のお前が倒すんだ。頼む……」


 提督の遺してくれた飴を握り締めながら、刹那は肩を震わせ泣いていた。

 統矢はただ、黙って頷く。

 やまぬ灰色の雪の中で、復讐を超えた戦士は再び闇へとした。それは、恩讐おんしゅうを超えた絶望的な怨嗟えんさで、己さえも焼き尽くす狂戦士バーサーカーとして統矢を生まれ変わらせた。

 西暦2098年、初夏……再び統矢は、殺意で満ちた怒りの権化となって戦いを誓ったのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます