梱包らキッズSF

作者 13=超高速²

60

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

圧倒的なスピード。驚異的なスピード。畳みかけるようなスピード。

ここまで物語が千変万化する作品を見たのは初めての経験です。
ストーリーラインを事前に想像することが出来ない、常に未知の状態に置かれる感覚。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

SFやホラー、ラブコメと、様々なジャンルでスケールの大きな物語を紡ぎ出す作者様のお仕事小説。
やっぱり圧倒的なスケールで、工業用機械の梱包現場を生き生きとリアルに伝えています。

小さな離島出身のイサムは、伝手を頼って上京し、大型の工業用機械を輸送するために分解して梱包する会社に就職します。
正確さや時間との闘いの中で、先輩から技術を盗み、ライバルとしのぎを削り、キャリアアップをしていくイサム。
その仕事に賭ける情熱や幼なじみへの恋心、そして友情が彼をどんどん成長させていきます。

最新話では、幼なじみで恋でも仕事でもライバル関係にあるうしわかまると共にさらに大きな仕事を任され、海外の会社へ梱包した機械を納品に向かいます。
しかし、彼らの前途には円高や価格競争にあえぐ会社経営陣の思惑や海を越えて輸送するために伴うリスクなどが待ち受けていて、彼らが無事にミッションコンプリートできるのか、ドキドキハラハラな展開になっています。

梱包という、一見地味に思える仕事に、これほどスケールが大きく熱い空気が漲っているのかと、ワクワクすること間違いなし。
皆さんもぜひ普段目にすることのできない現場の臨場感を楽しんでください。

★★★ Excellent!!!

――

梱包の世界観が凄いです。

冒頭の地球規模、いや、神様目線の梱包考察は、壮大な世界を感じさせます。

そして、職人魂全開の職場。チーム同士の戦い。
ライバルとの恋の行方。

金も人生も栄光も、全てこのプラントにある。

ただ、文章が独特なので、合う合わないがあるかも知れません。

★★ Very Good!!

――

本土からかけ離れた孤島うまれの青年、イサム。
不器用で馬鹿正直、しかし熱い心の持ち主である彼が、大都会での成り上がりを目指します。

勤め先に選んだのは、とある品の巨大組み立て工場。
ライバルに学び、マニュアルを見直し、与えられた環境に愚痴も零さず快進撃!
持ち前のガッツと幸運であっという間に出世を遂げるのですが…
世の中そんなに甘くない。

労働者を苦しめるシビアな現実が、ジワジワと職場に忍び寄ってくるのでした。
効率化&経費削減。
この悪魔を前に、イサムは膝を屈するのか、上に擦り寄るのか、はたまた…?

熱き社会戦士の痛快立志伝!
「男の人生」を学びたい貴方へ、おススメです。 

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

ルールのないジャズジャズジャズ♪♪
台風で言うと台風の目がない全てが台風!!🌀(°o°;)彡
軽自動車が5000ccのエンジンを積むような!!🚗💨

さぁ!これを読んで気になった貴方もこの扉をお開け下さい!

きっと、とてつもない世界が貴方を襲うこと間違いなし!!

こっちまでレビューがパワフルになってしまった💧

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

本来なら、著者を応援しなければならないのに、主人公のイサムを思わず応援してしまいます。包むという仕事を、ここまで毎日真剣に取り組むメンバーたち、そこに出来事が起こって行く。
イサムはいったい、どんな、人に成長するのかついつい気になってしまうそのような物語ですね。
どんどん、環境が変わり、立場が変わってゆくなかで、何もわからなかったイサムが、どうやって生き残っていくのかなって自分の人生も照らして読んじゃいました。
ぜひ、皆さんにも読んでもらいたい作品だとお勧めいたします。

★★★ Excellent!!!

――

物凄いパワーです!
ハイテンションSFコメディは数あれど、
ここまでパワーで押し切るスタンスを
貫いているのは感激を通り越して感嘆です!

お仕事コンの中で異彩を放つ怪作といっても
なんら過言ではないでしょう。

読んでみよう! 話はそれからだっ!


★★★ Excellent!!!

――

 今までのひとみさんの作品と同じようにカオス。とにかくカオスです。様々な要素が入り交じっていて、語られる口調はまさにギャグなのに主人公の置かれる立場としてはシリアス。東京に出たらいきなり置き引きされて無一文服無し、段ボールで服を作るなんてします??笑 このアンバランスさが読者が惹かれる要因でもあるのかな、と思います。ギャグとシリアスの共存、ぜひ一度読んでみてください!

さんがに★で称えました