突然出来た店

 本当にあの時、はむはむされれば良かったと思いながら夜道を歩く。

 ティノは少し先を歩きながら、まだ食べ残っているお菓子をもしゃもしゃと食べている。

 あげませんから! という意思表示なのだろうか、ちらちらとこっちを見てはさっさと動く。

「食わねーよ!」

「本当ですか?」

「ああ」

 ふう……と今度は味わって食べ出した。

 思えば、昼も食べてない。早くテレポートとかで帰りたいのだが。

「なあ、ティノ。テレポートはダメか?」

「ダメです!」

 そうか、そんなに一人で食いたいのか……。

 家に帰ったら何かあるだろうか……クレアは何をしているだろう。

 考える前に『温泉』という二文字が浮かんだ。

「なあ、この辺にコンビニはあるか?」

「ん?」

 リスみたいに両頬を膨らませた顔でティノがこちらを向いた。

「コンビニ!!」

 俺は先を行くティノに大声で言った。

「ああ、コンビニですか……」

 ティノはきょろきょろしたかと思うと一つの店を指した。

「この店?」

「ええ、そうです。ちょうど良かったですね。王都からもうかなり離れてますが、ここがあって」

「ここは何の店だ?」

「はろーわーコンビニです」

「はろーわーコンビニって、いつもないぞ?」

「ええ、ですから、もぐ……」

「食べ終わってから喋ろ」

「あい……」

 どんだけ食べたいんだ、お前は……。

 ティノは全てを食べ終わってから話し出した。

「江東さんを探しに行く時に出来たようなのです! こんな何にもない所にですよ! これはすごい事ではないですか!!」

「もしかして、それのせいでお前は金欠だったのか?」

「はい!!」

 何と潔く返事をするのだろう、この子は。

「で、日本のコンビニと変わりは?」

「ありません!!」

「ほう……」

「入って行きますか? 今日は開店日ということで、どれもこれもお安くなっておりました。まあ、魔法でちょちょいのちょい、でこんな建物なんて簡単に出来てしまいますよ」

「お前はここの従業員か!?」

「そんなわけないじゃないですか! クレアさんもここまでは一緒に来たんですよ」

「は?」

「だけど、ティノちゃん、私はこの後もここでゆっくりと時間を潰すから、ヨシキチ探しお願いね! と言われまして。でも、もう帰ったと思いますので、さっさ、入りましょ! そして、また奢ってください!!」

「お前……」

 もう言葉もない。

 ぼうぼうの草と道としてその草を刈った所しかない、こんな所にここが出来たのはちょうど良かった。夜を照らしてモンスターが集まるということもないだろう。

 ここはそのくらい安全な場所。王都と俺達の住む所の中間地点みたいな所に位置している。急に出来たのには訳があるのか、お店の人に聞いてみたいが止めておこう。変な事を聞いて、ここに来たくない……とかは嫌だ。

「さて、何がありますかね……」

 そう言って俺はティノと一緒にその店に入った。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます