第2回カクヨムコンテスト読者選考結果から見えるもの

作者 マスカワ シンスケ

98

42人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 悪貨が良貨を駆逐する。正に現状かと存じます。

 カクヨム来て日にちは立ってませんが、☆は全く宛に出来ないものと考えてます。特に特定ジャンル。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

この作者の言わんとしている事は同意できる意見ばかりです。
運営の怠惰としかいえない部分も多くある事でしょう。
特にコンテストや作品の宣伝など、効果的な方法が無いからこそ外部に流れていってしまう。カクヨムはコミュニケーションが中心となっていると言われてもそれは仕方のない事であると思います。
これは運営が反省すべき問題点の一つでしょう。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――


カクヨム発で書籍化された本を購入する読者の大半は
「カクヨム? なにそれ?」の方々です。
作品への純粋な評価は、カクヨムに個人的な関わりは一切なく、
相互利益も派生しない購入者の方々に
私は委ねたいと思います。

カクヨムでの読者選考の大きな課題は、
一部の書き手の仲間意識がポイントに如実に反映され、
作品の評価=ポイント数の信憑性が損なわた
現状だろうと思います。
当然ランキングの信憑性にも関わります。
この課題はずっと指摘され続けているにも関わらず
一向に改善の兆しが見えないのは、なぜなのか。

作者様は、おそらくあらゆるリスクを承知の上で
出版社側への提言も記載されたのではないでしょうか。
深い感銘を受けました。

ともかく物書きは、読んでくれるかもしれない人に
顔を向けて書きましょう。

★★★ Excellent!!!

――

編集が全部読んでるハズって、それは「ない」です。それこそ「仕事だから」です。駄作に時間を割く理由はないです。仕事として大切なのは可処分時間の配分なので、読まずに済むならそうします。
どんなジャンルでも、目的を達成するためには諦念や見切りが必要。グリーンベレーでは「機転」の次に「駄目だったら諦めて他の方法をトライしろ」を規律にしているそうです。カクヨムがどういう方向(目的)を目指して運営しているのか存じませんが、現状は誰が見ても惨憺たるものです。明らかに書けない人の作品や永遠にオチはつけられないだろうなって作品に、大量の星とページビューが。多くの人がそういう「酷い状況のカクヨムを一旦見切る・諦める」のも、「異世界とかいう都合の良い所に逃避しましょうっていう全部同じ内容の駄……じゃなくて『ラノベ』」が発展するために必要な行為なのでは。現状を変えるために、今ここで必要なのは諦念かと思います。

★★★ Excellent!!!

――

主観的なところはあるものの、webコンテストにおける問題点を本質的に見抜いていると思います。

本来、小説のコンテスト、文学賞の類というのは、最も品質のよい作品を選出するものです。人気だとか、作品の外にある要素はすべて排除され、素人・セミプロ・関係なしに、全く同じ土俵の上で戦うのです。読む人もその道のプロ、選定するのもその道のプロ。だから選出作品の品質は担保できると。

しかし、読者選考となると、品質担保の面で問題が出てくるわけです。だって読む人は素人なのだから。日本人すべてが義務教育で国語を習ってはいますが、そんな程度の能力で物語を読むことなんてできません。少なくとも、コンペティションのための読む能力なんて一握りの人しか持ちえません。
だから、品質の面ではやるべきではないアンチパターンです。
しかし、なぜ読者選考を設けたのか? 将来的にその本を買う人間が作品の評価をするからです。選考とマーケティングを兼ねているわけです。編集者の『市場のニーズや物語の質を天秤にかけて選出することができません、だから消費者の動向をこれで見ましょう』なんていう低レベルな思考が見え隠れするわけです。正しいかどうかはともかく、私はそう考えています。

素人たる読み手が選考をしなければならないとしたとき、純粋に作品を評価するなんてできるわけがなく、そうなってくると、『人気』という言葉が頭をもたげてくるわけです。作品が面白いかどうかではなく、情報拡散の能力を持っているかどうか、というポイントで選んでしまうのです。

作者はtwitterを素材にしてあげていますが、twitterに限らずほかのSNSでも同じ現象が起きていると思います。私もtwitterで活動しているので、どれだけ宣伝が飛び交っているのは知っています。私もtwitterを利用して宣伝をしています。しかし、情報伝播の差は圧倒的でした。
『…続きを読む

さんがに★で称えました

Good!

――

 異世界転生しか知らなくて悪かったな、と反撃されること請け合いの挑発ですが、落選組(あ、新撰組とごろ似てる)からすると胸のすく思いがします。まあ、負け犬の集団遠吠え、と言ってしまえばそれまでですが。

 でも、正論です。ウケ狙いするにしたって、ここから先は譲れないというポリシーを忘れちゃいけません。
 
 最低限の日本語文法を守る、というのもそのひとつですよね。 

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

WEB小説における評価プロセスのメリットは、作家の名前で作品が評価されるのではなく、作品そのもので勝負できるという、ある種の「権威性」を排除したところにあります。しかしながら、ユーザー個々のネット上での影響力が作品の内容とは独立して評価に影響してしまう、ということはあり得るな、と考えていました。実際、特定のジャンルばかりが上位にランクインしてしまう事態は作品創作の自由度を下げてしまうことに繋がりかねませんよね。この辺り、コンテストに限らず、カクヨムのランキングを見ていても思います。

確かにネット上のコンテンツはPVありき、PVが全てという側面は否定できません。ただ、もう少し作品そのものを評価できるようなシステム構築が必要なのかなと感じています。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

昨今のカクヨムに限らず、創作投稿サイト全般に抱いていたモヤモヤを文章化してもらえたような気がします。投稿したての頃は純粋に実力だけで這い上がろうと意気込んでいたのに、いつの間にか相互フォローでズルズルとぬるま湯に浸かる。書くものは人々を楽しませるためではなく、他人と繋がるためのものになってしまう。なあなあで書く書き手たちに鋭く突き刺さる作品だと思います。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

SNSなどで宣伝しないと読まれないのは、たぶん当たっている。ほかも、だいたい理解できる。みんなの考えは、この作品に集約されていると思う。カクヨムに投稿している作者は、自分を客観視するためにも読むことをオススメしたい。

でも圧倒的な作品を書けば良いと思うので、同意できない私もいる。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 ここまではっきりと、しかも断定的にカクヨムのことを言いきれるのは、すごいと思いました。自分も少なからず、連載中の作品にレヴューを書いてきたことを、反省しなければなりませんね。一応、読み切るようにはしていたのですが、時間とか余裕がないという言い訳にすがっていたのです。
 この作品の後半で、自分にもまだ伸びしろ(?)みたいなものがあると知れたので、今後の活動に生かしていけたらいいな、と思いました。
 ご教示、ありがとうございました。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

コンテスト選考の左右はツイッターありきという指摘は、まさにその通りです。僕も初めはツイッター等のSNSツールは使っていませんでしたが、終盤になって考えを改めて、ツイッターを使い始めました。使い始めて小説関連の人をたくさんフォローした結果、急にpv数が上がり始めました。僕の小説の600pv中400pvはツイッターのおかげだと思っています。ツイッターを使わなければpv数は一日に多くて10程度だったでしょう。
pv数を増やすには、別のやり方もあります。多数の小説投稿サイトに同時に発表するやり方です。更新頻度を上げていけば、自分の作品の存在を知らしめることはできるでしょう。カクヨムオンリーかつ、人をあまりフォローしていないユーザーとは認知度が雲泥の差になります。更新頻度を多くして、同じ書き手に頑張ってるなと思わせ、かつSNSで交流を果たしていたら星を入れ合うことになるでしょう。お互いに星が入り合ってお互いに悪いことはないですから。
問題は、こちらのやり方だと内容の質が、ほとんど選考に関わらなくなってしまうという点です。内容よりも親密度や認知度が選考に大きく関わってしまいます。
じゃあ、どう改善していけばいいかと問われれば、読者の数を増やすしかありません。どう増やせばいいかと言うと、カクヨムに登録していない人も感想や評価が付けられるように改善してほしいです。ネット小説に興味がない人にはお互いの作品を誉め交わしたり義理人情を続けていく習慣等は無く、そのまま内容で決めてくれる(というか、そこしか判断材料が無い)はずだからです。
つまり、このエッセーに書かれている『内容を見ずに評価する』人を根本から無くす方法は存在しません。せめて評価してくる人間の母体数を増やし彼らの影響力を弱めていく方向性でしか内容に基づく評価に近付ける方法は無いのではと思います。



このエッセーを見て僕と似た意見…続きを読む

★★ Very Good!!

――

ストレートな作品です。正論すぎて、レビューに勇気がいるくらいですが、たまたまやけっぱちな心境だったので、やけっぱちでレビューします。

今までユーザーがなんとなく、カクヨム、や選考を突破した方に気を遣ってぼかして言わなかった『読者選考』の問題点について、作者様なりの意見がはっきりと書かれていて、頷くと同時に、色々考えさせられました。

Twitterで宣伝やってないとどうしようも無い気がするとか。
あるある、そうだよなぁと頷く事が多めでした。

この作品を読んで、自分が普段ちゃんとした評価をしているか心配になりました。
…否。この作品に書かれたちゃんとした評価はしていないと思います。
結構、義理で評価した事もあります。
どう必死に頑張っても、相互評価が避けようが無いので正確な評価を諦めた…、交流重視で行くしかない、と思い始めていたという感じです。
普通は、『無料の☆』=『お金出して買うほど好きな目印』という物でも無いんだろうなと思います。それが当たり前だと思います。Twitterを見ていると、確かに、買った!楽しみという報告が多くて、なんだか不思議な気分になります。好きなんだろうし、売れてるならまあ良いか。とおもったり。

私も「もういっそ最後だけに☆評価があればいいのに」と考えた事はあります。(ですが私の場合は小説の最後まで☆評価、レビューを待たれたら…途中の応援だけでは心が折れてしまいそうです(^^;)それは置いておいて)
書く側としてはやっぱり、きちんと最後まで読んで貰って評価をしてもらいたいけど、そこまで求めるのは難しいのかも…と思いました。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました