物は言いよう。

作者 糸乃 空

鋭い思いを丸くして

  • ★★★ Excellent!!!

※『通常』
悪口や批判に対する思いについて、個人的に共感できる部分があった。
誰にだってムキになる時はあるし、感情に任せてうるさくしてしまうこともある。それは仕方がない部分もあるかもしれない。
でも、そういうのは他人に不愉快を撒き散らすだけだ。なので、自覚のある人はいい加減にやめた方がいい。いつの日か自分が馬鹿を見るだけだ。
下らない無駄話をしている暇があったら、早く音量を下げてもらいたい。できれば黙って欲しい。
そうした鋭い負の思いを、姉弟で楽しく変換した、面白さのあるエッセイ。

※『姉弟風変換』
良くないお口の動きや称賛でない応援に対するお気持ちについて、私としても頷ける部分がありました。
どんな御方もお猿さんみたいに歯を見せることはありますし、ありのままの心で賑やかさが最大値を超えることもあります。それは仕方のある部分もないことでしょう。
ですが、そうしたものは他人に愉快でないものを散布するだけです。なので、ご自分でも理解されておられる御方は、本気でさじ加減を考えた方がいいのではないでしょうか。まだ見ぬ未来のどこかで、ご自身がお馬様とお鹿様を拝見することになりますよ。
下がらない駄目なお話をされている御方がいらっしゃれば、お早めにほんの少しボリュームを下げて頂けると助かります。可能であればお口にチャックも。
そうした丸みのないお気持ちを、お姉さまと弟さまで仲良く丸めた、ユーモアのあるエッセイです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

居間正三さんの他のおすすめレビュー 2,026