夏空に咲く一輪の

作者 バムガーナー

フォロー 1話目から読む

夏、俺を照らしてくれたのは、ひまわりのように明るい人だった。 バムガーナー

 無気力な日々を送っていた俺の手を取って連れ出してくれたのは、太陽のような人だった。一緒に時を過ごすうちに、彼女の眩しいほどの笑顔に、魅せられていく。

 親近感が憧れに変わる。憧れが、恋に変わる。けれど、それを認めるわけにはいかなかった。


 俺が惚れた相手――和久井夏芽(わくいなつめ)――は、恋を知るにはあまりに純粋すぎた。

 恋のよろこびと苦しみを抱いて、二度と来ない十七の夏が幕を開ける。




※コメディ要素皆無ですが、男性主人公のため便宜的にラブコメカテゴリに入れさせていただいております。

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

小説情報

夏空に咲く一輪の

@rjlond321z
執筆状況
連載中
エピソード
38話
種類
オリジナル小説
ジャンル
ラブコメ
タグ
太陽 ひまわり プルースト マルセル・プルースト 高校 ピュア 若者のすべて
総文字数
97,674文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
2人
応援コメント
3件
小説フォロー数
4

アクセス数