カクヨムユーザーミーティング報告書

作者 一矢射的

53

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

 題名に「報告書」とあったので、仰々しい物を想像していたら面白く読むことができて、意外でした。
 小生はミーティングに参加するつもりはなかったですし、これからもその機会に恵まれなさそうでしたので、これを読んで良かったです。
 なるほど、今回はこういった話をされていたのですね。
 勉強になります。ご報告、ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

――

はじめまして。文月めぐと申します。
カクヨムユーザーミーティングには参加できなかったので、一矢射的さんの報告書、とても参考になりました。
文章において欠かせないのは「万人に」受け入れられて「リアリティ」のあるものということ。大切ですが、小説を書いていると、どうしても一人よがりな文章になりがちな私。とても大切なことを改めて教えてくださいました。ありがとうございました。
今後の小説もリアリティを追及していこうと思います。

★★★ Excellent!!!

――

レポートをコンパクトにかつわかりやすくまとめてくださりありがとうございます!

・次に行われる角川主催の「お仕事コンテスト」その選考基準は「作中にリアルが描けているかどうか」良く知られた仕事の裏側を詳しく表現することで、我々が生きている世界について考えさせる作品が欲しい…とのこと。

特にこの文章で骨組みというか、視点というかそういうものをイメージしやすくなりました\(//∇//)\

そして、若い人たちが読むことで働くことの希望が持てるもの、というコンセプトもいただきます。本当にそうですね。

貴重な情報に感謝します!本当にありがとうございましたm(._.)m