僕は今日、昨日のアイと恋をする

作者 柳森 乙樹

261

101人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

一話目はふわふわケーキとクリームのようなお話。タイトルによる先入観で勝手な予測を立ててしまう。そしてそれがくつがえりリアルな人間感情が見えてきた二話目。三話目でそう来たか! 三つ巴のサスペンスの予感、盛り上がってきました……と思ったら終わりでした。もっと先が読みたいです。

★★★ Excellent!!!

何かが起きる。
この作品を読み始めた時から、確かにそう身構えていました。

身構えていても尚、読了後の背筋がゾッとする感覚。
見事に落とされる。

考えさせられる世界が、此処にあります。

★★★ Excellent!!!

「恋」をするのは、人間の感情あってこそ。
物語の終盤には驚きと発想力にあっぱれ、思わず身震いしてしまいました。

これもれっきとした「恋」なのは間違いない。
アプリでこういうのを現実で実用できたら少子化問題が解決しそうな感じで、なんだかリアルをとても感じました!

★★★ Excellent!!!

 もしかしたら近未来に起こりうるであろう、1つの恋の結実の仕方。

 確かに本人たちは幸せですし、相手に対して最高の思いを抱いているのは間違いないのですが、傍から見てしまえばぞっとするような奇妙な関係。でも、世の中には人の恋路を邪魔するものは豆腐の角に頭をぶつける、という言葉もあるもの。結局、見守るしかないのでしょうか……。

 劇中でそのような疑問を抱く存在こそが、この作品に秘められた一番の皮肉なのかもしれません。

 短い文章の中に風刺や魅力を凝縮した、珠玉のSF作品です。

Good!

一話目と二話目を読んだ時に台詞が少し違って「ん?」ってなりますが、最終話を見て深く納得。

最後に知った二人の関係に、じわじわと背筋が寒くなりました。
そして、全くありえない世界ではなさそうな未来が待っていそうなところが、また恐い。

人と人との関係など、総じて考えさせられるお話でした。

★★★ Excellent!!!

1話、2話と読んだときに疑問が浮かびますが、3話を読むと「何だと!」という展開に驚かされます。というかリアルで言いました。これはすごいです。

★★★ Excellent!!!

 登場人物の名前からかなり凝られていてしかも綺麗に纏められています、ほかの方々のレビューを見てみるとヒトの心は星の数と比例しているのだなと思うほど考えさせられる、個人的には読めば読むほど好きになる作品でした。納得の星3で、

★★ Very Good!!

サクサク読める文字数でこんなに簡潔に文章を書いているのが、凄いです。
そして内容もそうきたか!と唸りたくなる結末。
楽しく読ませていただきました。

★★★ Excellent!!!

タイトルが逸品です。第三章を読み終えて、タイトルの深みがいっきに広がり、増しました。

AIと人間と愛と。計算し尽くした完璧な人工知能には、人間の定まらない愛情は、やはり敵わないのでしょうか。けれどもたとえ作られた愛情であっても、心から幸福だと感じられたら、きっとそれも彼らのなかで本物となるのでしょう。

近未来、なさそうでありそうなストーリーで、読み終わった心へ絶妙な淡い影を落とされました。引きつけられました。

★★★ Excellent!!!

お互いの良いところや悪いところを理解して、分かり合っていくという難しい過程を技術で解決してしまえるとしたら、それは一見便利で幸せなことに思えてしまって、でも、恐怖と不安を感じました。

私はこの人の何を理解できているんだろう、この人は私のことをどれくらい理解しているんだろう。人と関係する中で、不安、すれ違いや喧嘩、相手のことを理解しようという想いは必ず生まれるもので、その全てが、幸せではないけれど、愛おしいものかもしれないと、考えさせられました。

★★★ Excellent!!!

人口知能のアイ。人と人との関係を保つというそれ以上でも以下でもない存在が妙に優しく見えるという不思議。愛も幸せもシステムしだいということなのかもしれません。人らしく純粋でいることが不幸に繋がるのなら、人外との不純な複合の方が素晴らしい。しかし、アイに編集された彼、彼女は果たして"本物"を愛せているのだろうか?また、その"本物"はどこまでなのか?それに価値はあるのか?いろいろと考えさせられる作品です。

★★★ Excellent!!!

1話ずつに視点を変え、最後にゾワッとする話となっている。

科学が進歩して行くなからで、人々は幸福を得ているのか?
得られたと信じ込んでいるのかもしれない。

そもそも幸福とは何か、愛とは何かと言う哲学的なことを思わせる。

読みやすく、たった2000字でここまで考えさせるとは……。
「凄い」としか言いようがない。

★★★ Excellent!!!

 言い方ひとつ、捉え方ひとつ。それが人と世界の在り様だと思う。

 科学と技術が人の幸福の為であるなら、背筋に戦慄を覚えながらも、これも一つの正解だと自分の中の何かが告げる。

 支配される事を嫌いながらも、何かに身を任せ、ゆだねたいと思うのが人の常。

 真実に気付かなければ幸せかもしれない。

 真実を知ったとしても、それを手放すことは無いかもしれない。

 読了後に久しぶりに苦笑い。

★★★ Excellent!!!

わずか二千文字。されど二千文字。
3つの視点でテンポよく、しかも
不足を全く感じさせない”文”量で展開されていく物語。
確かにSFではある。
なのに、フィクションかと言われるとそれも違う。

短い物語なので、つらつらと読んでみて欲しい。

★★★ Excellent!!!

読んでいて若干の違和感がありました。ですが最後まで読んでそういう事かと納得しました。
この話で描かれている「恋」をどう受け取るかは人によって違うかもしれませんが、もしかしたらこう言いうのも悪くはないのかもしれないと考えてしまいました。「それじゃあ、お前やるか?」と聞かれたら躊躇するでしょうけど。

★★★ Excellent!!!

いやあ素晴らしい。こういう話大好きです。
短い話の中にいくつもの要素が盛り込まれ、最後にはなんとも言えない読後感に満たされます。
「この作品のテーマはきっとこれだ」とか「この作品を通してこういう答えにたどり着けた」みたいな、そういう読後感ではないです。
SFチックではありますがそれ自体は重要ではないと感じました。人の幸福についての考察のようでもあり、何らかの風刺のようでもあり、愛に対する皮肉のようでもあります。
ある種のホラー的でもありますが、恐怖というよりもぞわりと背筋を滑るような怖気があります。
レビューを書いておきながら申し訳ないですが、本当に上手く言葉にできません。
しかし久々に病みつきになる読後感でした。

★★★ Excellent!!!

たった2000文字程の文章にSFやミステリーの趣を詰め込んだ、非常に含蓄のある短編です。
淡々と語られる二人の独白は味気ないですが、その味気なさこそ本作の肝。
ネタバレになるため多くを語れませんが、第3話まで読めばなるほどと唸ることになるでしょう。

オチの利いた本作ですが、それ以上に印象に残るのが本作における人工知能の在り方です。
本作で人工知能が行う操作は、ある種ディストピア的な未来の技術に見えます。
しかし実際は、スマートフォンの予測変換やAmazonのおすすめ商品紹介等と同列の技術です。
Wordで誤字を検出し補正するのと同じように、人の言葉や振る舞いも修正可能なはず。
その果てにあるのがどのような世界なのか、まざまざと見せつけてくれます。

願わくば、アイが『中国語の部屋』を抜け出すことを。

★★★ Excellent!!!

紹介文に「AIとの恋」と書かれていたので、てっきりAIと人間の恋かと思っていたのだが、蓋を開けてみればAIを介した人間同士の恋であった。
これが本当の恋愛なのか、と訊かれればイエスとは答えづらい。しかし、両者ともに幸せであるのだから、それはそれで一つの恋愛の形ではないかとも思える。
そもそも、人の意思伝達は不完全であり、多かれ少なかれその伝達には不備があり、完全ではない。そう考えればAIを介そうが何をしようが、伝達面においてデメリットはないように思えるのは私だけだろうか。

★★★ Excellent!!!

お互いの心のうちは、知らないからこそ幸せでいられることも多々ある。
少し面倒臭がりで不器用な女性。
言わなくてもいい事を、つい口にしてしまう神経質な男。
間に入ったアイの仕事っぷりは、とても素晴らしい。
現代社会の気遣いが欠けている道徳心を、うまく取り入れているように思いました。

★★★ Excellent!!!

アイという人工知能を通して夫婦生活が行われる。アイを介せば、相手の欠点はたちまち隠されて良い面だけが表に出る。
もしもこんなAIが存在したらとっても便利だと思うけれど、もしこれが機能しなくなったらいったいどれくらいの人々の生活が破綻してしまうんだろうとちょっと怖気が走りました。ユートピア的SF、だけれどホラーの面があって一筋縄では行かない感じ。これからが楽しみです、

★★★ Excellent!!!

自分の結婚なのに、一生を左右されることなのに、
AIといい、結婚相談所といい、ご両人「もっとしっかりせえよ!」と
喝を入れることができない私なのであります。。。
大変おもしろい視点で描かれていました。

★★★ Excellent!!!

三つの視点で描かれる一つの恋愛物語!

かみ合わない部分が最後に噛みあった時の衝撃というか、怖さたるや……こんな未来が訪れてほしくないなと思いつつも、知らなければそう悪くもないなと思ってしまう。

人工知能が作り出すユートピアSF短編をぜひとも堪能してほしい!!

★★★ Excellent!!!

男、女、人工知能。一つのラブストーリーを、三者三様の立場で描く短編小説。

それぞれの立場からすると、一つの物語が全然違う色をもって見えてきます。その設定が、とてもうまく、面白い。

3話に分かれていますが、全体を通しても数分で読了できる、短編小説です。1話だけ読んで、恋愛小説はなぁ、と思っても、ぜひ最後まで読み続けてください! きっと満足すると思います。文章もとても読みやすく、誰にでもおすすめできる小説です。

★★★ Excellent!!!

序盤のふんわりとした印象が、
最後の章で一気にひっくりかえされた!
そんな思いがした一作でした。

こんな日が現実になるのも、もう遠くはないかもしれませんね(笑)