このひと、異世界に飛ばされて来たのに全然気づいていません。

作者 早瀬翠風

一風変わった日常系異世界転移ストーリー。※ねこ好きは帰れません

  • ★★★ Excellent!!!

酔っ払って外で眠ってしまった翌朝、違和感を覚えて目覚めると、そこは猫だらけの空き地だった。
人っ子一人、車一台、見当たらない町で、男は戸惑いながらも猫と戯れる。

いや、戯れたくて戯れてんじゃねぇよ! と異論を挙げるのは、誇り高きボス猫、鯖トラの銀二。
危険きわまりない「手」の持ち主であるその男は、どうやら迷子らしい。
かわいそうだし、面倒を見てやることにしたのだが、あろうことか、男は銀二たちの言葉を理解しないようなのだ――。


ねこねこもふもふしてます。読んでいると、思わずニヤケます。プライドの高い猫たちの会話が、すごくいい味を出してます。

ストーリーは動き出したばかり。
続きが気になります。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

氷川マサトさんの他のおすすめレビュー 40