オナホ、サル、シカ、テロリスト

作者 sanpow

48

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★ Very Good!!

――

を追っかけてるといつの間にかゴールしてかつ脱力してしまうという怪作。

俺も年明けにそのニュース見て、まあなんというか、若い時分には「猿のように」、独りで、そうした営みをするという比喩があるけど猿は実際のところそんなことしないのでは? おっかしいよねぇ。と思ってた小賢しい自分がぶん殴られて引き倒されたような気分になったのを覚えている。「曖昧さは一切なく、明らかに性行為だ」。曖昧さの一切、ないんですってよ。

でそれを前提としてもやっぱどうしても気が触れた部類の理屈なんだけど理屈としては一貫性があって、論理的には瑕疵がないんですね。信じ難いことに。完全な狂気ではないというか。いやこれこそが完全な狂気なんですかね?
ともあれ論理的な瑕疵がないのでつい最後まで読み進めてしまって、どーーしてそこは間違っちゃったかなぁと思うわけですが、これはもしかしたら現実を知らずに頭でっかちになって現地にも行かずになんかこう、貧しい国の子供にワクチンを、みたいなことに対する皮肉なのかもしれないし、ぜんぜん関係ないのかもしんないし、誰も寓意があるとは言ってないですよね。とにかくなんか、一瞬脳を煮やしたい人にオススメです。