ヒューリアン 食糧>(人類<蟲)

作者 つくね

24

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★ Very Good!!

――

 非常に目を引く設定のSF作品。
 カニバリズム要素を持ち合わせながら旧約聖書「禁断の果実」を彷彿とさせ、食物連鎖に関わる考え方を詰め込んだ奥深い世界観です。
 内容はエグいですがゴア表現は濃くないので、グロ耐性がある程度持っている方なら安心して楽しんで読めます!
 特殊な設定が好きな方に、かなりオススメです!

★★ Very Good!!

――

グロありSFもの。

ジャンルはホラーですが、内容的には完全にSFな作品。直感的なシーンが多く、映像作品向けな印象でした。(ただしグロテスクなシーンがありますので、向いている映像媒体は限られます)

そしてこの作品にはマナという存在が登場しますが、このマナの扱いが結構悲惨でした。人間の女の子とほぼ同じ容姿なのに奴隷的であり、そして食べられてしまう存在。私自身は女の子のグロテスクシーンに耐性がありますので大丈夫でしたが、なかなかオススメする相手を選びそうな作品でしたね。私はグロシーン面白かったですけどね。

これ系が好きな方が読めばハマる作品かと思います。女の子が食べられる存在の設定でも大丈夫な方は是非!

★★★ Excellent!!!

――

この作品は大好きです。ウチは昆虫作品にはよだれが出てしまうだけに
なぜか、マナが大好きになりました。ぜひ、画像で確認したい。
登場してくる生命体の生き残るための力をものすごく上手く表現されていて、特に、戦闘の歴史の中にものすごく重圧なSF感を引き出しています。
音があればものすごい恐怖を感じる場面もありますが、著者様のお人柄か、すべてが綺麗に納まっているところが神化論であり、生命のバランスを保つ神的なハタラキだと感じました。
ものすごく良い作品で、是非大勢の方に読んでいただきたいと思いました。