メザシを食って、俺は踊った

作者 架月天声

フォロー 1話目から読む

生きているのか死んでいるのか分からないので考えている 架月天声

今年10月31日の群像新人文学賞へ応募するまでの日記。6:4の割合で私小説:日記。ゴールその1自分の文章がいつか高橋源一郎氏の元に届くこと。その2この文章を5年後の俺へのプレゼントとして、そしてその頃の俺へ叱咤激励として。今年の群像は俺が狩る。

リアルタイムの私小説です。どうぞお楽しみください。


『note』『小説家になろう』でも同じ文章を掲載しています。
https://note.mu/katsuki_tensei
http://ncode.syosetu.com/n5164du/

目次

連載中 全45話

更新

  1. 第1話2017年2月6日火曜日曇り後晴れ
  2. 第2話2017年2月7日晴れ底冷え
  3. 第3話2017年2月8日水曜日晴れ
  4. 第4話2017年2月9日朝小雨のち少し雪。
  5. 第5話2017年2月10日晴れ
  6. 第6話ナイジェリアの詐欺師になりたい
  7. 第7話R10下1Lとは何のことだろう。
  8. 第8話二重の意味で面白い日
  9. 第9話KAROSHIは英単語。
  10. 第10話メロンソーダは欲望の味。
  11. 第11話エッグマフィン・グロス・カウボーイハット・エロ本
  12. 第12話春巻きを咥えるその姿
  13. 第13話俺はどこへ行った?
  14. 第14話嘘と言葉。
  15. 第15話あそこの店が好きなんだよ
  16. 第16話神頼みなどして得たものに何も価値はない
  17. 第17話Amakudari と不可思議な衝動
  18. 第18話概ねガストにいた日
  19. 第19話不安と戦ってこそ先に道がある
  20. 第20話鉛色の感触
  21. 第21話抜け殻のような言葉
  22. 第22話木々がほのかに明るく見えた
  23. 第23話鈍い
  24. 第24話俺だけは俺を肯定しようと思うんだ
  25. 第25話自堕落と意欲
  26. 第26話新宿御苑とたい焼きと桜餅
  27. 第27話グラニュー糖4gを忘れるくらい
  28. 第28話桜の花が咲くその瞬間は、女性が初恋をするときに似ている気がする
  29. 第29話摘みたてのローズマリー
  30. 第30話外科医の手術前のその心地
  31. 第31話沈殿していく深海の
  32. 第32話Accepting yourself
  33. 第33話人々というもの
  34. 第34話オロパタジン・プランルカスト
  35. 第35話5gは舌の痛みの中にある
  36. 第36話配送料に消費税
  37. 第37話明日は晴れるのだろうか
  38. 第38話Not bad
  39. 第39話飢え
  40. 第40話水と命
  41. 第41話眠い日
  42. 第42話赤
  43. 第43話夜の書き物とブルース
  44. 第44話雨と色
  45. 第45話桜餅

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

小説情報

メザシを食って、俺は踊った

@katsuki_tensei
執筆状況
連載中
エピソード
45話
種類
オリジナル小説
ジャンル
現代ドラマ
セルフレイティング
残酷描写有り 暴力描写有り
タグ
日記 私小説 練馬 桜台 江古田 ヘビーノベル 純文学 日常
総文字数
69,343文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
1人
応援コメント
1件
小説フォロー数
2

アクセス数