さよなら、カクヨム

作者 足羽川永都(エイト)

102

41人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

私はろくに努力をしてこなかったし、ましてや才能なんてあるとは思ってない。
それでも意義のある小説を書きたいと願っている。
いつか必ず書き出せる日が来ると、信じて今を生きている。

私も創作意欲が芽生えた頃は……認めて貰いたいというエゴがめっぽう強かった。
それなのに書きたい物語は、自分の殻の内側をなぞるような様なモノばかりで、ただの自分語り以上のモノにはなり得なかった。
今のところ、私の構想する物語には私自身の「甘え」や「エゴ」は出てきません。
それは結果として、自分への言い訳要素を排除することにも繋がりそうですからね(だから一向に作品が書き上がらないのですが……)

此処で書かれている著者の御方の執筆動機では、売れっ子になれるだけの努力までは為し得ないのかもしれません。
才能が無い以上、努力するには苦痛に堪えうるだけの真っ当な理由が必要になる……多くの人がこれで挫折をしてしまう、絵の習練と一緒かね。
今後著者の御方には、己の心に叶った判断を下して欲しいと願います。

★★★ Excellent!!!

わたしもカクヨムのサイトデザインはとても気に入っています。
他にも、共感する部分が、多々ありました。
カクヨムと言う世界は、とても楽しく、とても苦しいです。
ですが、わたしはまだカクヨムを続けていくかと思います。
原動力はなんでもいいじゃあないですか。足掻いていきます。

しばらくは、「さよなら、カクヨム」とは言えないですね。

★★★ Excellent!!!



 名だたる武将は辞世の句をあらかじめ用意して生きていたように、作者は辞世の句として「さよなら、カクヨム」を書いていた。これが書けたからカクヨムを辞めたのか、カクヨムを辞めると決めたから最後まで書いたのか。

 もしも望みがかなうなら、ずっと連載を楽しみにしていたREDMINEの話を完結してほしい。けれども、どんな文豪も流行作家も未完の物語はよくあることで作者が書けない時、書くエネルギーがないときはそっとしておくものなのだと一読者として思う。

 カウントダウン形式の章立ても一つの心情描写かもしれないなって思います。書く時の苦しみまでもひとつの作品にしてしまうことができるという事例なのでしょう。紙の本を買って読むのではなく、カクヨムでウェブ小説を読むひとにはなかなか切実な気持ちになるような気がします。

★★★ Excellent!!!

皆が思うだろう。何かしら、誰かしらには敵わないと。

そこで、やめてしまう者もいるだろう。足掻き続ける者もいるだろう。
スタンスを変える者も、大きく見せようとする者も、ひっそりと静かになる者もいるだろう。

それでもなお、創作を続けたい。作ることを、やめたくない。
これは、原点だ。

原点に、何度でも、戻ればいいじゃあないか。
そうした希望を与えてくれる本作。

さよならじゃあない、おはよう、カクヨム。これからも、よろしく。

★★★ Excellent!!!

今のウケルWeb小説を書こうと思ったら、非常に恥ずかしい思いをする。
タイトル見ただけで「これは…?」と思う小説も多い。その図太い精神力にむしろ、憧れることがある。

「君の名は。」が大ヒットして名作と言われているが、主人公は男女が入れ替わって、ついつい胸を揉むシーンをこれでもか!と連発する。
毎回オチで入れてくるし、揉みすぎだろ!と突っ込みたくもなる。

ただ、よく考えてみれば小説を書くこと自体が非常に恥ずかしいことで、精神的なストリップみたいなものだ。

新海誠氏も石田衣良氏の年頭所感で高校生時代の恋愛観にまで突っ込みを入れられている。
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12180-480184/

あれだけ大ヒットしてるのに、映画通からの評価はいまいちでみんなから貶される作品も珍しい。僕はそこが偉いとも思う。

僕も上手い、名作だと思うが、何度も観たい作品ではなく、全くヒットしない赤字でマンネリの押井守作品ばかり繰り返し観てしまう。不思議である。

純文学といっても、実は自分のプライベートを晒すような作品がウケてしまってブームになったりもした。

最近では仮面ライダーフォーゼあたりからファンだった千眼美子(清水富美加。そもそもそれも恥ずかしい)の告白本の評判を聞いて、これはあかん、単に芸能界の下積みシステムを分かってなかっただけじゃん!ただの甘えやん!最初は5万円でも結局、年収一千万なんだからいいじゃん!と思ったりした。映画5本も決まってたのに、これから年収一億になっていったのに惜しいと思った。

つまり、文章を書くということはその人の「恥的レベル」(誤字ではない。誤字も恥ずかしいが)を余すことなく世界中に晒してしまうことになる。

というような想いをも乗り越えていったこの作者のエッセイは素晴らしいと思っ… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

何かをする人で、一生懸命求めてする人で、挫折しなかった人なんているのだろうか。

みんな、「ひとかどの人」になる前に、何度も失敗し、苦渋を舐め、人から馬鹿にされて自暴自棄になり、「もうだめだ、諦めよう」と一度は思ったのだろうと思う。

だから、挫折はひとつの通過点。そして、始まり。
本当に「それ」を求める人は、何があっても、また必ず「それ」をやり始めるものだと思う。

だからまた、かならずペンや絵筆や、マイクや台本やラケットや、調理器具を握るんだと思う。

これが作者さまの次へのスタートでありますように。

★★ Very Good!!

自分の書く作品に自信が持てなくなること。
自分の作品にレビューが付いていても、怖くて見れなくなること。
最初の頃はあんなに喜んだのにねって・・・そんな悲しい気持ちが伝わってきます。
きっとカク側ならば、誰もが通る道なのでは?
これからの作者様の奮闘を期待したくなる作品なのでした。