有栖川有栖|狩人の悪夢 第1回&第2回

作者 文芸カドカワ

108

37人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

うっかり夜に目を覚まして、先が気になって眠れなくならない程度の小説を探していたのに、、、こんなところに火村とアリスさんがいるなんて…!

やられました。
カクヨムで、まさかの寸止め(最新作なんだから、当然ですけどっ)。

久々にキンドルで衝動買いしてしまいました。
買うしかないもん。


このシリーズがまだ続いていたことも知りませんでしたが、
久々に本格ミステリらしい一作になってるというレビューに期待してます。
あー、なんか悔しい。

★★★ Excellent!!!

単行本の試し読みということですが、お馴染みの火村、有栖コンビ以外にも編集の片桐さんや火村の下宿のお婆ちゃん、小夜子姐さんとファンにはお馴染みの準レギュラー陣が豪華出演しています。

さらに、触りだけですが過去作品の事件にも触れていたりと、ファンサービスも絶妙。
短いながら濃厚な味わいをじっくり堪能しました。

また、泊まると悪夢を見る部屋の謎や今後の展開が気になって仕方がありません。

個人的には、有栖川先生の作品は中学時代に新本格にはまるきっかけとなり、同時に大学に入ったらミス研に入る!と決心するに至ったきっかけでもあるので、こうしてカクヨムで先生の作品を読める感慨はひとしおです。

ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

 ミステリ界の帝王、有栖川有栖の最新作がまさかの「カクヨム」登場。
 臨床犯罪学者、火村英生が今回挑むのは、人気ホラー作家の身辺で起きる奇怪な殺人事件。被害者の手首はなぜ切断されたのか? 壁に残された血の手形が意味するものは?
 火村の論理の刃が、悪夢のような殺人事件を斬り裂く!
 全ミステリファン(ミステリファン以外も)必読の書。

★★★ Excellent!!!

すいません、普通にファンなんで、有栖川先生とかいうのも気恥かしいので、有栖川有栖って呼び捨てにしますけど。カクヨムで書いているの、知らなかった。

火村シリーズですよ! 全部読んでますよ! 本物やで(興奮)! 

まだ冒頭なんで、レビューってほどのものはありませんが、皆さんに知ってもらいたいので書きました! 推理小説ですよ。絶対面白いから。これは安心できるブランドですから。道場六三郎がつくった飯なら食べなくてもうまいと分かるのと同じですから。

っていうか、この「文芸カドカワ」で他にもいろいろプロ作家の人が連載しているんですね。皆さん読むべし! あと文芸カドカワはもっと宣伝するべし! なんで有栖川有栖が★19やねん(一か月で)。

★★★ Excellent!!!

第一世代でありながら未だ現役で大活躍中の有栖川有栖先生が、まさかのカクヨム連載。

レビューを書くにはまだ早いとは思ったが、このような大物先生もカクヨムでご執筆されているんだぞという宣伝も兼ねて、思いっきりフライング(笑

さて、本作は有栖川先生の代表的なシリーズ「火村英夫&有栖川有栖」のコンビが活躍する「作家有栖シリーズ」の最新作となっております。

第一話、ベッドの中で明晰夢を見ている誰かが、その夢の中で女に追われるというかなり意味深なシーンから始まり、そして第二話――我らが「火村英夫&有栖川有栖」両氏のご登場です。彼らの軽妙な会話のやり取りに胸を躍らせたのも束の間、二人はすぐに別れてしまいます。もっと一緒にいてほしかったっ。

でもいいんです。

カクヨムで有栖川先生の新作が読めるというだけで、私は満足ですから――。

皆さまも本作を読んで、本格ミステリーというものに触れてみませんか(⌒∇⌒)