有栖川有栖|狩人の悪夢 第1回&第2回

作者 文芸カドカワ

16

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

第一世代でありながら未だ現役で大活躍中の有栖川有栖先生が、まさかのカクヨム連載。

レビューを書くにはまだ早いとは思ったが、このような大物先生もカクヨムでご執筆されているんだぞという宣伝も兼ねて、思いっきりフライング(笑

さて、本作は有栖川先生の代表的なシリーズ「火村英夫&有栖川有栖」のコンビが活躍する「作家有栖シリーズ」の最新作となっております。

第一話、ベッドの中で明晰夢を見ている誰かが、その夢の中で女に追われるというかなり意味深なシーンから始まり、そして第二話――我らが「火村英夫&有栖川有栖」両氏のご登場です。彼らの軽妙な会話のやり取りに胸を躍らせたのも束の間、二人はすぐに別れてしまいます。もっと一緒にいてほしかったっ。

でもいいんです。

カクヨムで有栖川先生の新作が読めるというだけで、私は満足ですから――。

皆さまも本作を読んで、本格ミステリーというものに触れてみませんか(⌒∇⌒)

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました