ヒトノテとネコとヒザマクラの夢

作者 偽尾白

溢れる猫への愛、溢れる猫の魅力

  • ★★★ Excellent!!!

最近なぜかやたらとヒザマクラをせがむ愛猫を太腿で寝かしつけながら拝見しました。

人類が滅んだ後でも、ヒザマクラへの憧憬はなくならない。ゆえに人類が滅亡した世界で生きる猫たちは、ある方法でヒザマクラを復活させようとするが……。
絵本を思わせるふんわりした文体でつづられる未来は、どこかノスタルジックだけど、ほんの少しの苦味が混じっています。

滅んだ人間は超強化猫を生み出したが、猫は人間を甦らせない。

なるほど、未来の猫ちゃんたちは私たち人間などよりもよほど賢いようです。そんな賢い猫ちゃんたちを夢中にさせるほどの魅力がヒザマクラにあるのなら。仕方ないなあ、と巨体で乗っかって私の脚を痺れさせたり、ご飯の準備を遅らせたりする愛猫の顎の下を撫でてしまいました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

人類が滅んだ後、世界は猫によって支配されていた。そんな奇妙なお話。
この猫達は進化しており、人と同じように文化や物作りの概念を持っている。やはりこういった進化をすると、人間と同じような考えとか行動を… 続きを読む

田所米子さんの他のおすすめレビュー 179