ヒトノテとネコとヒザマクラの夢

作者 偽尾白

猫への愛が溢れてヒザマクラ

  • ★★★ Excellent!!!

未来を舞台にしたSFなのだけれど、一番印象的なのは、端々にあふれるユーモアと、猫への愛だった。ああ、確かに猫が話したらこういうことを言いそうだと思わせる台詞の数々が愛おしい。
ヒザマクラぐらい、いくらでもしてあげるから、おいでと言いたくなる主人公の猫力に脱帽する。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

人類が滅んだ後、世界は猫によって支配されていた。そんな奇妙なお話。
この猫達は進化しており、人と同じように文化や物作りの概念を持っている。やはりこういった進化をすると、人間と同じような考えとか行動を… 続きを読む

赤坂 パトリシアさんの他のおすすめレビュー 291