ヒトノテとネコとヒザマクラの夢

作者 偽尾白

何というか、温かさの中にちょっとした教訓と皮肉が感じられてしまう。

  • ★★★ Excellent!!!

人類が滅んだ後、世界は猫によって支配されていた。そんな奇妙なお話。
この猫達は進化しており、人と同じように文化や物作りの概念を持っている。やはりこういった進化をすると、人間と同じような考えとか行動をするのかもしれませんね。

それで猫たちはふと、人間の膝枕が恋しくなって人間を復活させようとする。しかし「論理に反する」と計画は中止されたのです。
この時の理由が、結構考えさせるものですね。大多数ならともかく、一人や二人を復活させたところで、明るく暮らせる保証はないのですから。

何とも考えさせる猫たちの物語。気楽な気分で読むにはもってこいです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

榊あんかさんの他のおすすめレビュー 242