ヒトノテとネコとヒザマクラの夢

作者 偽尾白

猫の手ではなく、ヒトノテも借りたい

  • ★★★ Excellent!!!

人類は滅んじゃいました!
でも大丈夫。そう、次世代へと進化を遂げた猫がおりますゆえ!

そんな感じで、人類の後を引き継いた猫達のゆるい感じの世界を、ふんわりとした口調で語っていく物語。

忙しくて借りるのは、猫が便利に使ってる義手「ヒトノテ」だったりしていたりと、ちょこちょこと出てくる単語が可愛かったり。

でも、どこかノスタルジックな切なさも感じられるこのお話は、短いながら、確かな世界観を持っている素敵なお話なのです。
私も膝枕でお昼寝をしたくなります。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

人類が滅んだ後、世界は猫によって支配されていた。そんな奇妙なお話。
この猫達は進化しており、人と同じように文化や物作りの概念を持っている。やはりこういった進化をすると、人間と同じような考えとか行動を… 続きを読む

玉藻稲荷&土鍋ご飯さんの他のおすすめレビュー 52