ヒトノテとネコとヒザマクラの夢

作者 偽尾白

愛すべき時間の泥棒ネコたち

  • ★★★ Excellent!!!

 気付けば全部読んじゃった!うわっ、恐ろしい子…でも、ほんわかとした文体で語られるのは、人類が滅びた遠未来。過酷な異変を生き抜いたネコたちの、とてもヒューマニズムに溢れる物語ですね。童話のようにふわふわで、絵本のように懐かしい、でもピリリと辛い山椒のような毒味も刺激的。ネコたちは、賢い。もしかしたら、彼等に失敗から学んでもらうために、自分たち人間は愚かなのかもしれませんね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

人類が滅んだ後、世界は猫によって支配されていた。そんな奇妙なお話。
この猫達は進化しており、人と同じように文化や物作りの概念を持っている。やはりこういった進化をすると、人間と同じような考えとか行動を… 続きを読む

ながやんさんの他のおすすめレビュー 262