僕のココロ

僕のココロ。

どうにかしてしまった、僕のココロ

どうしてしまったのか、僕にはわからない。


まるで僕のもとから離れてしまったかのように、

まるで、反抗期のやっかいな我が子のように、

僕の思惑とはまったく別の方向を向いている。


……とは言ってみたものの、

僕には今まで子どもがいた経験もないし、

実は僕自身、反抗期らしい反抗をしたことがない。


だから僕は、

思い通りに動いてくれない僕のココロを目の前に、

どうすることもできず オロオロするばかりなのだ。


さて どうしたものかと考えるが

答えなど浮かばずに

……たとえ浮かんでいたとしても

それが『答え』と気づくこともできずに、

僕は 僕のココロの行く末を見守ることしかできないのだ。


明日は もう少しだけでも

僕に寄りそってくれますように。




~僕のココロ~

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます