いつか

愛し方を知らない愚かな僕が愛を語り

その行為の代償は予想以上に大きく重く

それはまるでこの世の終わりのようで……

幸せ綴るラブソングが憎くて

別れの歌に自分重ねて 毎晩 ひざを抱える負け犬のようで


最後に交わした約束を きっと忘れ去られる約束を

僕はずっと胸に抱き 君と共に生き続けるんだ。

「いつかまた愛し合えたら」

叶うはずのない願いだけが 今の僕を生かす支え


抱き合った夜、口づけ、会いたい気持ち、

幸せ、感じた運命、最後の約束

君が全てを忘れたとしても 僕はずっと大切にするよ

君が忘れたいと思ったとしても

それさえも失ってしまったら僕はどうすればいい?

君が忘れても 僕はずっとおぼえているよ

2人があった日を嘘にしたくはないから


いつか記憶薄れたら 僕はまた恋をするんだろうか?

君を愛した以上に誰かを愛せるだろうか?

君以上に誰かを愛せるのだろうか?




              ~いつか~


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます