残る場所

僕は文章は苦手。

ペンを持って紙の前に構えると

何を書いていいかわからなくなるんだ。

ようやく浮かんだことを書いてみると

やっぱり違うことを書きたくなる。

その点 口で言うときには訂正が簡単でしょ?

僕はだからしゃべるほうが好き。

でも本当に伝えたいことは

うまくまとまらない。

どうしようか考えたときは

文章の方が楽かもと

ちょっとだけ思う。


『ずっと昔から強ければ良かった』


ペンが勝手にそう書いた。


ペンは嫌い。

飾ればキレイになるけれど

飾らないと

直接すぎて淋しく思う。

それに

ペンで書いちゃえば

そこに残って

もう一度僕に還ってくる。

書くことは嫌い。


残ることを考えて黙り込むなら、

どちらにしろ直接なら、

僕は声が聴きたいよ。




              ~残る場所~


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます