ローレライ

僕はただ見つめるだけだから

話せないことがどんなに苦痛でも

周りの視線が冷たくても

君を見ているだけでなんだか嬉しかった

一方的な想いなんてつらいだけ

なのに君を見ているだけで安らげた

弱い奴だなんて思わないでくれ

暗い奴だなんて思わないでくれ

君の一言があれば

僕はいくらだって変われるんだ

だから

僕の名前を呼んで

ローレライの歌声のように


今日も見つめることしかできなかった

ただ見つめていた

何時間も見つめていた

何故か悲しみがこみ上げてきて

一緒に涙がこぼれた

君はローレライのように

僕を狂わせた

僕の心

どんどん沈んでいく

大きな川の船のように




              ~ローレライ~


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます