信仰

ふるえているのは何故

明るい君に何が起きたの?

僕の言葉では あまりにも不充分すぎるけど

君を想う気持ちは

誰にも負けていないはず

君のためになることを

僕が欲しがっているんです

だから僕に言ってよ

君には笑っていてほしいから

口づけよりも

抱擁よりも

君の笑顔を見ていたい

たとえ叶わぬ願いでも

未来永劫 そう願おう

今はただ君を見ていたい

水辺に映る君を

静かに見ていたい


願いよ届け

神の御心に届いたならば

天の使いをください

君が笑い、花が咲き誇り、月が水をたたえて、草木が揺れる

そんな僕の幸せを

どうか授けてください


神様が救われるものは美しいものですか?

幸せなものですか?

裕福なものですか?

罪のないものですか?

不公平な神の優しさに 僕はときどき不快感を覚えます

信仰というものを忘れてしまいます




              ~信仰~


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます