願ってはいけない願い

ときどきだけど

君が欲しくなる。

独り占めしたくなる。

君が自分のものになったらと

そう何度願っただろう。

でもこれは叶ってはいけない。

『願い』であってはいけない悲しい気持ち。


君に甘えたくなるのは

君が本当に優しいからで

こんな僕にも笑顔をくれるし心配してくれるし

安っぽい言葉で片づけるのは好ましくないけれど

やっぱり君は優しい。

僕のことを気にかけてくれるのは

友達の1人だからだろうけど

もし

もしも

その肩書きがなくなってしまえば

君は僕を愛してくれるのだろうかと

少しだけ考える。

もしも

僕の気持ちが“恋かもしれない”と

そう気づいたなら

君はいつもと同じように抱きしめてくれるだろうか?

笑顔で

「僕もだよ」

と言ってくれるだろうか?

…………

悪ふざけでいい。

「愛してる」と言ってくれ。




              ~願ってはいけない願い~


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます