花に舞う君

君の肩を抱いた。

恥ずかしながら指が震えた

臆病な僕


花に舞う君 素直じゃない僕

笑顔を見る度

苦しくて……せつなくて……


壊れるくらいに抱きしめたい

この手握り締めるのは たった一人の君だから

迷うことなくこの道を行こう


君の夢を見てた

年甲斐もなく夜におびえた

君なしの夜


花に舞う君 素直じゃない僕

笑顔を見る度

苦しくて……せつなくて……


狂おしいほどに愛したい

この手握り締めるのは たった一人の君だから

いつまでも君とともに行こう


何が変わるわけでもないけど

いつも同じものなど何もなくて

唯一変わらないとすれば

それは

毎日のこの感情




              ~花に舞う君~


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます