指輪

光 あてて

意味もなく空にかざしてみる

僕の左手。


ずっと憧れてたピンクゴールド。

ちょっとねじれて

プラチナと合流。

ちっちゃな石もたくさん輝いている。

この場所に、

君の証が宿るのを

ずっとずっと待っていた。


だけど、今 僕は

こんなものなど必要ないと

そう感じる。


一緒に朝を迎えて、

別々の一日を過ごし、

また君は僕のもとへと戻ってくる。

それを繰り返すだけなのに、

僕は今までにない

安心感を覚えてる。


だから、

この左手の輝きはオマケ。

でも

取り上げられると焦っちゃう。


まだ うずうず 慣れないけれど、

左手の感覚が自然になるまで、

ずっと君といられますように。




              ~指輪~

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます