理科室の彼

単なるあこがれだったのかな?

青い結晶が見たくて、

僕は理科室に向かうんだ。

ついでに先生にも会いたくて、

僕は

掃除が終わっても長々とそこに居座るんだ。


先生。

僕のために作ってくれた

あの青い結晶はどうなりましたか?

あの日々の思い出は

まだ覚えていますか?

10年以上経ったというのに

僕は

あの日の言葉を

つい昨日起きたことのように思い出してしまうのです。


だから今日も考えてしまう。

あれは恋だったのかな?

それとも

単なるあこがれだったのかな?


どんなに考えても、

どちらかだなんて結論は出ないけど、

ひとつ、はっきりしてることがあるのです。



先生。

僕は

先生といられた一年が、

とても幸せで、

今でもつい思い返してしまうのです。 

               ~理科室の彼~

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます