オレがいた店の風俗嬢の話をしよう。

作者 板野かも

115

47人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

 興味深かった。今までこのような話を読んだことがなかったため、「へー」と感心するばかりでした。
また、紹介をしている「オレ」が堅苦しくなく、読みやすく書かれています。

世間であまりよく思われていない、風俗で働く女性たち。
そんな彼女たちですが、働かなければならない多くの理由が垣間見れる。
自分の体を売り、給料をもらう。
「凄いなぁ」の一言です。
彼女たちの辞めた後の生活が気になりますね。

★★ Very Good!!

――

サクっと読めます。
作者は「アイドル関係の仕事(も)している」と自己紹介しているので、アイドル落ちした風俗嬢とかを期待したのですが、そう言うキャラは登場しませんでした。そう言う女性も居るだろうな、と感じさせるキャラが勢揃いですが、読物として普通に面白いです。
最後の捻りがアクセントとして効いています。
星の数は、短編にはMAX2つが信条だからです。

★★ Very Good!!

――

フィクションとして捉えるべきかノンフィクションと捉えるべきなのか、働いたことがないので判断がつかないですけど、おもしろかったです。何よりセックスワーカーへの侮りを感じなかったことが、おもしろく拝読できた理由と思います。
★ふたつなのは、フィクション、ノンフィクションの判断がつかなかったので。
僕自身は、何らかの取材や当事者の話を聞いた上でのフィクションとして読みましたけど。

★★★ Excellent!!!

――

と思わされるほど、人物の設定がリアルに作りこまれていて、脱帽というほかありません。
ぶっきらぼうだけど親しみやすい語り口調で紹介される、四人+αの風俗嬢の人生。四人が四人とも違った事情から風俗の世界に入りながら、それぞれに等身大の人生を生きているというのが良いですね。
「絵に描いたようなビッチなどこの世にはいない」。その通りだと思います。性風俗産業に従事しているからといって、決して「ビッチ」なわけでもなければ、普通の女性とかけ離れた人生観を持っているわけでもない。そこにいるのは当たり前の「人間」なのだということをわからせてくれる、短い名作でした。

★★★ Excellent!!!

――

お金もほしい、チヤホヤされたい、人恋しい。まったくべつの人生に転換したい……。
思うに女性とは、一時の役にとても上手になりきることができるのです。しかしあくまで『一時』なのです。延々と続けるバイタリティには欠けるかもしれません。
たくさんの窓を開きたい。色んな世界を眺めてみたい。
お金をもらえるならば、なおヨシ。
女性はとても好奇心が旺盛だと、私自身もそう思います。

Good!

――


風俗嬢の事情の話。
こんな事が「ありふれていそう」と思わせる世の中への疑問が、語り部の口調で際立つ。

個人的には、語り部の現在に至るまでの話が少し見えたら良かった。
他の人の話はするのに、自分の話をしないのは、少しモヤモヤした。

ただ、馴染みの友人と飲みながら話をしている設定である以上、難しいのかもしれない。

現実にあり得る話を読みたい方は、ぜひ。

★★★ Excellent!!!

――

読ませていただきました!

まさか主人公まで風俗嬢だったとは……。

人それぞれ思惑があって風俗で働いてるんですね。
今までは割と軽蔑してたこともあったんですけど、この作品のおかげで見方が変わってきますね!

★★★ Excellent!!!

――

4人の風俗嬢の境遇を語っていく、モノローグ小説。

風俗産業は、社会の影の一面であり、景気の影響を強く受けます。そこに光を当てて描写するという試み、すごく面白いです。内容も、ものすごくリアルで、これは作者さんの経験なのか、想像なのか、わからなくなるくらい。

ドキュメンタリー調の名作小説です。

★★★ Excellent!!!

――

どんな職業でもそうですが「普通の人」が働いている訳で、そこには普遍的な人情があり、それぞれの人生があるという事を気付かせてくれる素晴らしい作品です。

そしてラストの鮮やかな転換が実に素晴らしいです!
その結果、作品に更なる厚みを生み出しています。

とても素敵なお話です。お薦めです!

★★★ Excellent!!!

――

風俗嬢4人についての語りが続くだけ。
しかも本人ではなく、第三者のモノローグのみ。
それなのに、それぞれの背景や風貌が思い浮かぶ。

そこにあるのは、同情でも憐憫でも軽蔑でもなく、
目の前の友人と向き合うような、ごく普通の感情だった。

善悪や美醜や清濁をごちゃまぜにしたもの。
それが人生なんだろうな。