第七十話 怪しい雲行き



「全く……どうしてこの僕が、魔物のエサなど食べなければならんのだ?」


 ランプの明かりが小さく灯る小屋の隅で、エルヴィンがモシャモシャと口を動かしながら文句を言っている。

 計画実行前の腹ごしらえをしているのだが、ビーズを除く二人の表情は、不満な様子を隠そうとしない。それでも空腹には勝てないらしく、出された食事を口に運ぶ作業は続けていた。

 ビーズが用意したのは、乾物や塩漬け肉を中心とした保存食。といっても実際に料理と呼べるモノは、塩味の利いた肉入りスープぐらいであり、後は出来合いの品を並べただけの夕食であった。

 これがもしマキトたち冒険者であれば、何の文句も言わずに食べたことだろう。場合によっては、どこで仕入れたのかを尋ねる者だっていたかもしれない。

 つまりそれぐらいこの保存食は、かなり美味しいモノだと言えるのだが、残念ながらエルヴィンとミネルバには、ウケがよろしくなかった。


「キサマが奮発すると言うから、どんな豪華な食事が出てくるのかと思えば……」

「少しは黙って食事することはできませんの? ただでさえ美味しくない料理が、更に喉を通らなくなってしまいますわ」

「も、申し訳ございません、ミネルバ様」


 瞬時に取り繕った笑顔でペコペコ平謝りした後、エルヴィンはキッと凄まじい視線でビーズを睨みつける。これも全てキサマが悪いんだからな、という恨み声が聞こえてくるようであった。

 もっともビーズは視線を合わせず、黙々とスープをすすっており、まるで相手にしていない。それが余計にエルヴィンの怒りに触れてしまう。


「おいキサマ! この僕の視線を無視するとは、いい度胸をしているな!」

「いきなり怒鳴らないでくださいまし。ビックリして喉に詰まらせかけましたわ」

「め、面目次第もございません」


 再びエルヴィンは、取り繕った笑顔で頭をペコペコ下げる。その内心では、苛立ちが募っていた。

 できることなら怒鳴り散らしてやりたいが、相手は一国の王女。もし手を出せば、その時点で破滅を迎えることぐらい、エルヴィンも分かっているつもりであった。

 ここは我慢の為所だと、納得しなければならない。一番の目的はセドへの復讐なのだから。それだけは絶対に果たさないと、これまでの輝かしい状況が戻ってくることなどあり得ない。

 乾燥した果物の塊を思いっきりかぶりついて咀嚼しながら、エルヴィンは憎しみ満載の表情を浮かべるのだった。


「ふぅ。全く持って美味しくありませんでしたが、この際それは置いておきましょう。今夜で目的が果たせるのならば、この程度の我慢は容易いモノです」


 ナプキンで口元を拭くミネルバの目の前には、完食されたお皿があった。その言葉を聞いて、エルヴィンはこれ見よがしに笑顔を浮かべて声を上げる。


「なんて素晴らしいお覚悟をお持ちだ! このエルヴィン、感服いたしました!」

「それはどうも」


 しかしミネルバは、特に笑顔などを向けることなく、アッサリと言うだけであった。

 エルヴィンが自分を持ちあげていることぐらい、最初からお見通しだった。これまでもそのような類いをする人物は、数えてもキリがないほどいたのだから。

 内心でため息をついているミネルバに、エルヴィンが不安そうな表情を浮かべる。


「あ、あのぉ……自分は何か、お気に召さないことでも致しましたでしょうか?」

「なんでもありませんわ。それにしても、エルヴィン様は本当に優しい方なのですね。マクレッド家の将来は安泰のようで、実になによりでございます♪」


 明るいおしとやかな声でにっこりと笑うミネルバに、エルヴィンは顔を赤らめながら嬉しそうな笑みを見せる。


「ありがとうございますっ! ミネルバ様にそう言っていただけるだけで、自分の未来が素晴らしく輝いてきたかのようですよ!」


 実に陽気な笑い声が、小屋の中に響き渡る。しかしその雰囲気はどこか微妙であり、果たしてエルヴィンはそこに気づいているのかどうか。

 未だご機嫌に笑い続けるエルヴィンに、ミネルバは呆れた表情で顔を背ける。


(……ここまで扱いやすい男は初めてかもしれませんわ。器の小ささは素でしたのね。これだったら捨てる必要が出てきても、後ろめたさを感じなくて済みますわ。ある意味ツイてるかもしれませんわね。良い駒が手に入ったことで)


 ひっそりと笑うミネルバ。しかしその目の前では、エルヴィンが笑いながらも心の中で呟いていた。


(ふぅ、危ない危ない。この僕の華麗なる機転で、どうにか切り抜けたか。このお姫様はテキトーに持ちあげておけば、勝手に笑顔を見せてくれる。実に扱いやすくて助かるってもんだ。どうやら僕は思わぬところで、良い駒を手に入れてしまったらしい♪)


 頭の中ではそんなことを考えつつも、表面上ではミネルバを褒め称えることを決して忘れない。ある意味、実に器用な男であった。

 本人はバレてないと本気で思っているが、ミネルバも、そしてビーズもなんとなくだが察していた。


(やれやれ……まさしく滑稽とは、このことを言うのでしょうかね)


 ビーズは思わずほくそ笑んでしまう。

 このバカバカしさも、立派な利用価値の一つ。自分の目的を果たすためには、むしろ都合が良いとさえ思った。

 更にビーズは、二人もまた自分を出し抜こうとしていることは、最初からお見通しであった。何気にちゃんと周囲のことも見れていたのだ。

 そしてエルヴィンとミネルバの二人にも、既に自分の考えがバレているだろうと想定していた。流石にそれぐらいは読んでいるだろうと思ったのだ。


(性格はともかくとして、このお二人は貴族や王族として、それなりに良い教育を施されてきているハズ。ならば戦略について勉強していても不思議ではない。どこで本性を表すのか……油断は禁物ですね)


 ビーズは表情を引き締める。目的を必ず成功させるためには、手段も努力も惜しまないつもりであった。

 しかし、ビーズは気づいていなかった。その考えが実にムダなモノであることを。

 エルヴィンもミネルバも、それぞれ自分のことしか考えておらず、出し抜かれることなんて夢にも思っていないことを。


「ミネルバ様、エルヴィン様。作戦は深夜に決行いたします。よろしいですね?」


 ビーズが立ち上がりながら声をかけると、二人はニヤッとしながらコクリと頷く。

 真っ暗な林の中を、不気味な笑い声が風に乗って、通り抜けていった。



 ◇ ◇ ◇



「ふやぁ~、静かでのどかで平和なのですぅ~」


 真夜中の湖の畔にて、マキトたちは野営をしていた。仲間たちがぐっすりと眠っている中、マキトとラティは焚き火の番をしている。

 静かな夜だった。夜行性の生き物の鳴き声、湖の水の音、そして焚き火のはぜる音。その全てが心を落ち着かせる。こんな時間がいつまでも続けばいいのにと、本気でそう思えてしまうくらいに。


「お目当ての薬草も集め終わったし、あとは何日か、のんびりして帰ろうか」

「そうですね。それまでに色々と落ち着いていると良いのですけど……」


 マキトとラティは、採取した薬草を入れた袋を見つめる。見つけるのが割と困難だと言われた薬草は、既に必要数よりも多く集めていた。

 ここで大活躍したのは、マキトとバウニーを交えた四匹の魔物だった。

 魔物特有の鋭い観察眼に加えて、マキトがラティを通して現地の魔物と仲良くなり、薬草の場所を次々と発見してしまったのだ。

 おまけに現地の魔物たちが、湖の底に眠っていた水草までプレゼントしてくれた。

 途轍もなく苦いが、凄まじい解毒効果があるとのことであり、早速すり潰して常備薬として保存することにした。

 結局、一週間どころか一晩絶たないうちに、後は帰るだけの状態となったのである。


「もうすぐ半年か……」


 ふとマキトは思い出して呟いた。それに対してラティが首を傾げる。


「何がですか?」

「この世界に来てから、もうすぐ半年になるんだなーって。今ちょっと数えてみたら、そんな感じだった」

「ふぇー、もうそんなになるのですか?」


 ラティは普通に驚いていた。やっぱりそう言う反応するよなぁと、マキトは心の中でほくそ笑んだ。


「あぁ。だからどうなんだってワケじゃないけど、なんとなく思ってな」

「そうでしたか。でも早いですよね。なんかあっという間だった気がするのです」

「同感だ」


 二人が揃って苦笑したところで、ラティがふと何かに気づいた反応を見せる。


「そういえばマスター。わたしたちって、これからどうするのですか?」

「どうするって?」

「前はエルフの里に行くって決めてましたけど、もう殆ど行く必要ありませんよね?」

「あー、言われてみればそうだな」


 ロップルの故郷の手掛かりを得る。それがエルフの里を目指す理由だった。

 しかし一昨日、セルジオと偶然の出会いを果たした結果、そこで話がまとまってしまった。ラティの言うとおり、確かに里へ行く必要性は殆どなくなっている。セルジオから遊びに来なさいと言われてはいるが、それも別にすぐである必要はどこにもない。

 事実上、次の目的地があるようでない状態と化していることに、マキトは気づかされるのだった。


「……どうしようか? どっか行きたいところある?」

「特にこれといって思い浮かばないのです」

「だよなぁ……しばらくはスフォリアを拠点に、色んなクエストをこなしていこうか。エルフの里には、そのうち遊びに行くってことで良いだろ」

「良いんじゃないですかね。それならそれで楽しそうなのです」


 マキトの意見にラティが賛成する。朝になったら、アリシアたちにもこのことを話してみようと思ったその時――――



「…………グルルゥッ!」



 親タイガー亜種が突如、険しい表情とともに起き上がり、王都の方角を睨み出した。続けてスラキチとロップルも起き出してくる。


「キィ、キィッ!」

「キュウゥ……」


 スラキチも親タイガー亜種と同じく、王都の方角に向かって威嚇しており、ロップルはどこか不安そうな表情であった。


「ニャアッ!」

「お、おいバウニー!」


 バウニーも何かを感じたらしく、飛び起きて王都の方角を睨みつける。それに気づいたセドが慌てて起き上がり、見るからに普通じゃない魔物たちの様子に驚いた。

 突然の状況にワケが分からなくなる中、セドはマキトに問い詰める。


「マキト、コイツら一体どうしたんだ?」

「俺にも分かんないよ……なんか突然こんな感じになって……」


 やや感情的になりながら、マキトは不安そうに様子を見ていた。ラティが体を震わせながら、マキトの傍に飛んでくる。


「マスター……なんだかザワザワするのです。凄くイヤな感じなのです」


 真剣に怯えているラティの表情に、マキトはただごとじゃないと確信した。同時に、不安だった表情が引き締まる。危機感に塗りつぶされて、妙に冷静になっているような気さえしていた。

 セドも同じことを思っていたらしく、やや強めの言葉でマキトに言った。


「アリシアたちも起こしたほうが良いぞ。流石にこれはおかしい!」

「分かった!」


 マキトは急いでアリシアとコートニーを起こしに向かう。そしてセドは周囲を見渡してみるが、特に変な様子はない。

 王都のほうを見てみると、途轍もない黒雲が覆っているのが見えた。しかし自分たちの上空、つまり真上に視線を向けてみると、そこは普通に綺麗な星空が広がっており、余計にその差は目立っていた。


「王都で何かが起きている……いや、もしくは起きようとしているのか?」


 どちらにせよ、厄介なことであるのは間違いない。セドは直感でそう思った。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!