「斎王様、不躾ですよ」


 あれでは道雅に好きな相手を訊いているようなものです、と道雅が帰ったあと、成子は命婦に怒られた。


「早朝、斎王様のところにわざわざ来られたのだから、斎王様のことに決まってるじゃないですか」


 ねえ、と女官たちは笑い合っているが。


 いやいや。

 それ、此処に居たことに対する、ただの言い訳だから。


 関係ないような、と思いながら、先程の道雅の言葉を思い出していた。


『成子様でも、歌に詠んだようなお心を抱かれることがあるのですか?』


『さあ?

 なんだかそんな気がしただけよ』

と答えたが、あのとき、確かに、自分は、どきりとしていた。


 誰かを好きだと思ったことが、私にはあるのだろうか。


 今生、自分の周りをウロウロしていた男は、今上天皇くらいのものだし。

 特にそのようなことはないような。


 そう思ったとき、ふと、頭に思い浮かんだ。


 自分を井戸に蹴り落とした、夜空を背に立っていた白い衣に長い髪の男。


 こんなところに居たんだ……。


 そう思ったときの自分の感情を思い出そうとしたが、何故か、それは、すうっと自分から遠ざかる。


 何故だろう。


 そう思うことさえ、長くは出来ないような。


 まあ、真剣に考えられる環境じゃないからかもな、と成子は笑った。


 庭先では、今は喋らない例の黒猫が、かゆいのか、砂利にこすりつけるように、背中をうねうねとさせている。


 気持ち良さそうだ。


 前から居る黒猫の霊が、その羨ましそうに周りをうろうろとしている。


 平和な時間だ。


 今なら、道雅でなくとも、穏やかな良い歌が詠めそうな――。








『朝の歌、良かったわ』

という成子の言葉がいつまでも道雅の心に残っていた。


 御簾越しだったので、成子の姿は見えてはいなかったのだが、穏やかに微笑む成子の幻が見えた。


『誰を思って詠んだの?』


 貴女以外に誰が居ると思っているのですか。

 思わずそう思ってしまった己の心を消し去るように首を振る。


 そのとき、ととととっと自分の目の前の砂利道を歩く黒猫の姿が見えた。


「師匠っ」

と思わず呼んだが、足を止めた猫は、にゃ? とこちらを見て言い、ごろんと転がり、腹を出してくる。


 ……可愛いが、今は悪霊は入ってはいないようだ。


 呼び止めてしまったので、道雅はその場にしゃがみ、猫の気が済むまで、腹を撫でてやる。


 手を洗おうと、井戸のところに行ったとき、ぎくりとした。


 水に自分の顔が映っていたのだが、それがこちらを『見ている』と感じたからだ。


 いや、自分が水を覗いているのだから、見ていて当然なのだが。


 水の中に居る自分が自分とは違う意思を持って、自分を見ている、と感じたのだ。


『道雅……』

とそれは呼びかけてくる。


 よく見れば顔も違う。


 いや、表情が違うというか。


 同じ顔なのに、何処か高貴な感じがした。


『道雅。

 悪しき魂にすがるのはやめなさい。


 私が入れなくなる』


 ……神なのか?

 これが?


 いつも乗っ取られるばかりで、彼と対話したことはほとんどない。


『あの男も、悪霊に身体に入られたせいで、私を受け入れることが出来なかった』


 どうやら、真鍋のことを言っているようだと気づく。


『成子はあちらの男の方が好みだったようなのだがな』


 ……うっ。

 さすが神だ。


 こちらの気持ちなどなにも考えず、ズバズバ言ってくる。


 人間の男など、ただの器にしか見えていないのだろう。


『悪霊と親しくするのはやめなさい。

 お前が成子を手に入れたいのなら』


 そう神は言うが。


 いや、違うだろう、と思っていた。


 手に入れるのは貴方だ。


 私はただの器だから――。


 道雅は、成子の居る寝殿を振り返る。









 ただの器だから。


 だが、それでも――。









  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!