いといがわニート

作者 庚乃アラヤ

47

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

(いいところだ! の最新話までにて)

説明下手の私がこの作品の魅力を語るなら、この作品の持ち味を食してとしか伝えようがないのですけれども、面白味の質感をやんわり考えてみたら、ふと有頂天な家族さんが脳裏を過りました。
ちなみに私の喩えは、どこかズレているとよく友人から言われます。
そして、ある意味「糸魚川」氏にはファンタジーな社会生活模様であるも、【いといがわニート ~僕の暗黒企業漂流記~】は純然たる現代ドラマである。
語り手であるところの主人公の彼が、純然なのかは読んでのお楽しみ。
私は興味深い素直さと捉えるだろうか。

文章の軽快さは語るまでもなくすぐに感じるでしょう。
更には、登場人物を絞って描かれる物語は読みやすさ請け合いです。

読めばわかるさこの手応え――で、おすすめですよ。

★★★ Excellent!!!

独特な言い回しがクセになる。
主人公は世間から落ちこぼれたぼっちだが、まるで世間が自分から落ちこぼれたのだと言わんばかりに自分の理論を信じきっている。そのくせ、権力には逆らえない小心者。典型的な内弁慶。
しかし、だからこそいい。ぼっちはかくあるべし。こういう人間はぼっちでいいのだという安心感すら得られる。
日常生活におけるささやかな鬱憤を晴らしたい時にこれを読むととても気分が落ち着くだろう。

★★★ Excellent!!!

凄く読んでいて不思議な感覚に襲われる小説です。文学小説を小馬鹿にしたパロディ風小説なのかと思いきや、何故か読み進めるうち心に響くものがある。それは主人公の性格設定が人間誰しもどこかに持っているナルシスト的な部分を推しているからなのかも?と思う。

物語は主人公視点で進んでゆくので、自ずと主人公の心情描写が多いのだが、これがまた絶妙に上手く書かれていて、惹き込まれてしまう。

書き慣れておられるのか天性の物なのかは解らないが、とにかく読み手を物語のペースにはめるのが上手いと感じました。

冷静に見るれば意外と切迫してるのに、そう感じさせない主人公の思考回路とリズミカルな文章は本当に魅力的。

まるで歌をうたうような感覚で、スラスラ読めます。
オススメ。

★★★ Excellent!!!

ハマった。文章がめちゃくちゃうまい。語彙が豊富。書く人の勉強にもなると思う。かつて神童と呼ばれた現在はヘタレな大学生の主人公はもちろんのこと、悪友や脇役もかなり濃い。基本的に独り言というかモノローグで進んでいく話なのだが、主人公が捻くれているがためにその思考プロセスが面白い。それを他者によってひっくり返される様子も面白い。
もしかすると――特にラノベを多く読んでいる人には――読むのが苦痛に感じるかもしれない。だけど数話続けて読んでみて欲しい。読み慣れるにつれてじわじわと毒がしみ込んでくる。無心で文字を追うようになったら立派な中毒者の出来上がりだ。
※「第35話 発端」まで読了

★★★ Excellent!!!

主人公「糸魚川新戸(いといがわあると)」の持つ独特の感性は
周囲の人々に翻弄されつつも、何とか自我を保ちつつ現代社会を生き抜こうとするサバイバーのようにも見えました。

しかし、投げられたのが『賽』でなかった為か、非常に残念な主人公になってしまいました。

がんばれ、糸魚川!

★★★ Excellent!!!

是非ともこれから小説を書く方に見て欲しいですね。捻られた会話による笑い、そしてその光景が自然と想像出来る独特な言い回し、クセになります。
会話文を書く時に難しくて悩む方は特に読んでみてください。こんな面白いと同時に伝わりやすい書き方があったのかッ! と打ち震えてしまうかもしれません。(あくまでも私個人の意見ですがっ)