カクヨム適当作家の元気以外のナニカが出ちゃうかもしれないわけのわからんもの

作者 相良壱

94

35人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

期待して読んだりするのではなく、何か元気ない、やる気ない
PVが思うように上がらない、カクヨムどうなの?
って思った時に読むと良いです。
個人的にはカクヨムはサイトが綺麗でサッパリしていて
創作したくなるし、アップした時の文字の綺麗さとか
運営さん頑張ってるなーと思っています。
相良壱さんは”カクヨム”という集合体に対して色々
喜怒哀楽(怒はないか)を交えて書いています。
私の様な新規参入に雰囲気だったりが解る有難いものです。

★★★ Excellent!!!

思ったこと、感じたこと、叫びたいことを自由気ままに、たまにシリアスに、たまにお馬鹿に書き出してるノンスタイルエッセイ集(?)です。
頷けること、頷けないこと多々あるけど。
見てると、とても……胸の奥から何かが溢れ出て来そうになって、いろいろ大らかになれる気がします。

★★★ Excellent!!!

カクヨムで生きる、一人の書き手としての、リアルな言葉。カクヨムをはじめたばっかりの人は、この小説投稿サイトの雰囲気を味わえる一助となるのでは(といっても、あくまで一例ですけれどね)

基本的には、正直な日記のような言葉ですが、カクヨムという場のことを真摯に考えている姿勢が伝わってきます。こういう方がいらっしゃるからこそ、カクヨムが栄えるのです。

★★★ Excellent!!!

話の芯がブレブレで、あっちらこっちらと定まらない話のオンパレード。
良くわからん話を書いていると思えば、「ほぅ」と感心させられるときもあり、そして「くっだらねぇ」と笑い飛ばすしかない戯言もあったりで、まあ、読んでいて飽きないのは確かである(笑

クソエッセイではあるが、それでも私のように応援コメントを残す方が多数いるわけで、つまり作者様の人柄もあって魅力的なんだろうなぁ。

皆さまもたまには、肩の力を抜いてこんなクソエッセイを読んでみてはどうでしょう。

そしてどうやら作者様は応援コメントが大好物なようなので、なんでもいいので書いてあげましょう。

私は「ふんもおおおおおおおおおおおおおっ!!」をおすすめしますよ(⌒∇⌒)

★★★ Excellent!!!

 自分は末端作家で、カクヨムでちゃんとPVやレビューが付くような人を取り巻く現状もさっぱり知りませんでした。

 でも、本作の前半50話くらいを読むと、なんとなくそんな人たちが、何を考えて何をして、何に不満を抱いているのかがなんとなく分かります(また同時に、それらに反感を抱く本作の作者様のような人もいることも知ることができます)。

 童貞をこじらせると「学生のする軽い恋なんて不純だ、純愛こそが素晴らしい」と感じるようになったりすることがあると思います。
 自分が否定的になって見ている物の多くは、自分の諦めきれない未来であったりします。
 カクヨムの中枢に少しでも入りこんだ人々は、その更に中枢に入ることを目指すことは当然です。しかしその中で、あざとい宣伝をしなければならないという現状とそれができる人に対して感じる、その結果得られる立場への憧憬と、行為へ批判が折り重なって、色々こじらせているという印象を受けました。

 だいたいそんな感じです。

 小説を書き、公開するというだけの場にも、やはり現実と同じようなコミュニティがミニチュアのように存在しているということに感心します。
 カクヨムの現状を知らないながらも、様々なコミュニティに対する自分の感情の推移と本質的に似通ったものを感じ、共感しながら楽しく読ませていただきました。

 こんな感じで、確かにナニカが出てきちゃう感じの作品です。

★★ Very Good!!

作者が思ったことを正直に言う。
作品に対して。自分に対して。運営に対して。
そこには何の打算も無い。

特に後半では、コンテストで盛り上がっている中で自分がずっと感じていたモヤモヤを、気持ち良いくらいにズバッと書いてくれた。

もちろん、いろんな考え方があるし、ルールさえ守ればOKってのもわかるよ。
でもね。
それじゃ、ダセェよね。

七英雄→十二神将→円卓の騎士、と順調に増えていく個性派たち。
「レビュー」もあなたの作品だって、胸を張って言えるかな。

★★★ Excellent!!!

思わず笑ってしまったり、すごく感心していたり、時に相槌を打ちながら、次々と読んでしまいました。

元気以外…そうです。
この作品には作者さまのカクヨム愛が溢れてますよ(あ、ネタバレ?笑)

時折見せる切ない雰囲気や少年のような可愛さには、ちょっと…いや、かなりくすぐられました(笑)

★★★ Excellent!!!

作者さまの独り言のような格言のようなポエムのようなアドバイスのような提言のような何かです。

いろいろ入ってます。
突っ込みどころもあります。
考えさせられるところもあります。
でも時々元気ももらえます。
元気をもらえる言葉にはすごく元気をもらえます。

相良さんの呟きを気軽にウンウンと聞いてる感じで読んでみてください(^^)

★★ Very Good!!

 作品のタグを見て分かる通りアレの二番煎じっぽいスタイルです。
 けれど流れるメッセージは別物。どちらがいいか悪いかじゃなく、どちらも共感するいい感じのあるあるで埋まっています。
 これからも出続けるであろうメッセージに私は続けて応援ボタンをポチッと押し続ける準備が出来ています。
 本当に軽く読めますし、あるあるで共感したい人にオススメです。

★★★ Excellent!!!

相良壱「このままだとカクヨムは滅亡する!」
結城藍人「な、なんだって~!!」

いや、マジです。今まで私は何を見てたんだろう。これほどの予言の書はないですよ。
いっちー様は、ノストラダムスでキバヤシです。他人が見えないものを見てる。
私なんぞナカヤもいいところで、いっちー様の予言を聞いて「な、なんだって~!!」と叫ぶしか能が無い。
ポエム風に擬装された、ちょっと毒のあるエッセイ。に、見えます。
違います。
よく読み込んでください。そしてカクヨムコンテストのランキングを見てください。
この世界の裏側に隠された真実に気付いたとき、あなたの背筋は凍り付くことでしょう。
さあ、一緒に叫びましょう。
「な、なんだって~!!」