イクラ軍艦は恋の味

作者 紫藤 咲

121

45人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

イクラって、回転寿司とかでも置いている寿司の中では庶民的なものです。

ですが、たったそれだけのものに物語をつけて広められる、面白い発想力だなぁと心底関心させられました✨

イクラさんが食べたくなる、素敵なお話です。短めなので、ぜひ読んでみてください(*ˊ˘ˋ*)。♪:*°

★★★ Excellent!!!

プチプチと弾ける感触、イクラ本来の塩味とシャリの甘みが混ざった甘じょっぱい味、確かに全てを総合的に考えると恋の味……かも?
しかも、これを熱弁しているのが男性かと思えばまさかの女性。この点に個人的に思わず呻らされました。成程、この女子は肉食系ならぬ魚食系でしたかと(ぉ)
でも、何だかんだで読み終わると恋心を語るよりもイクラが喰いたくなる……そんな気持ちにさせられましたw

★★ Very Good!!

素敵な作品でした。
実はイクラが苦手でしたが、食べたいと思ってしまいました。
どうせならかわいい彼女に「あーん」と。

……すいません。願望がもれました。

とにもかくにもイクラの魅力にメロメロです。(彼女さんにかも)
他の読者も風味豊かなイクラをご賞味あれ!

★★★ Excellent!!!

男性視点のカメラワークで、イクラ軍艦を食べつつ恋の味について語る彼女を映す構図にすれば、寿司屋のCMに使えると思う。特にバレンタインのある2月。カップルで寿司はいかがですか、である。
私も「亮君」と同じくイクラが苦手であるが、イクラ軍艦が食べたくなってしまった。
この字数でしっかりと読み手の心を掴む発想と筆力は流石の一言である。

★★★ Excellent!!!

いくら軍艦をこんな風に捉えたことなどなかった。衝撃。
そうか、恋の味だったのか。
次に口にする時には、恋の味にとろけてしまうかもしれない。
そして、あの艶やかな赤に魅了されている人が何人いるのか、寿司屋に行ったら観察しなければ。

★★★ Excellent!!!

イクラが恋の味??なぜ??

と思って読み始めましたが、確かにこれは恋の味ですね!!

淡々と説明しつつも、彼と一緒に食べられる嬉しさみたいなものが滲み出てて…可愛いです(*^^*)❤

★★★ Excellent!!!

イクラばかりをひたすら食べる彼女。
冷静に見るとちょっと引きそうな光景ですが、彼女はきっと目の前の彼との恋を味覚の上でも堪能しようとしているのでしょう。

そんな彼女が、イクラ軍艦がいかに恋と重ねられるかを教えてくれる。
彼女の可愛らしい表情とちょっとだけ強引でドキドキする仕草を前にしたら、その持論を受け入れざるを得ないでしょうね(笑)

…思ったんですが、これ意中の相手とデートでお寿司屋さんに言った時に、素敵な口説き文句になりそうです♡

★★★ Excellent!!!

紅い宝石を乗せた二人の船出。そっと見送りましょう。
塩いくらなら、ちょっとピリっと大人のスパイス。

でもね、きっと、彼女に 「恋だよ」っていわれたら
いくらでも、うにでも、チュウトロでも
恋の戦艦に 早変わりするんだろうな。 ねっ。

★★ Very Good!!

ファーストキスはイチゴの香り。
そんな逸話が世代を超えて受け継がれていく。

大人の恋はイクラ軍艦の味がするという。
酸いも甘いも噛み締めた大人ならではの味ということか。

こんな風に。
味覚にすら想いを重ねるようなとき。
嗅覚にすら想いを馳せるようなとき。

それこそが「恋」と呼ぶにふさわしい状態なのだろう。

★★★ Excellent!!!

ああ、もうイクラを見る目が変わってしまいました。
4本の指でそっと軍艦を持ち上げるその仕草すら切ない(えっ?)
もし、この海苔が剥がれてイクラがはらはらとこぼれ落ちた時、それは…

あっ、つい良からぬ妄想をしてしまいました。
ごめんなさいっ!

★★★ Excellent!!!

この短い文の中で、またたった一種の寿司のネタで、恋のすべてを包み込み、キャラクターの魅力を引き出し切っている。そんな作品です。
いやあ、寿司で恋を表現とか、正直どうするのか分からなかったですが、さすがとしか言い様がないですね。

★★★ Excellent!!!

もしも恋に例えたら、会いたい気持ちが切ないのも、返信が着たときの嬉しさも一つ一つはありきたりかも知れない。

ところが恋とは経験する人の数だけバリエーションがあるのだ。
きらきら輝く恋の粒を口いっぱいに頬張ってみれば、そこには……。
続きはご自身でご賞味ください!