どうも夏風邪っぽい(例によってここ数日文章力が低下してる気がする)

―――何?なんなの!?

娘は混乱していた。無理もない。堅固な門を破られたのだから。

侵入者は顔見知りの女の子に見える。だが実際にそうであるはずがない。彼女はこんな強力な術は使えない。

咄嗟に後ずさりながら、娘はそれでも口訣を唱えて助けを呼ぶ。

果たして、飛来したのは一振りの剣。眉と目が描かれたそいつは眉目飛刀。

侵入者へと襲い掛かった魔法生物。その鋭い斬撃は、相手を両断するだろう。

そう見えた時。剣は止まった。いや、止められたのだ。二本の指で挟み取られ、動きを封じられたのである。

力が込められた。

たったそれだけで、強靭な剣が砕け散る。恐るべき力量。

勝てぬ。師匠も出かけていていない。だから、娘は逃げ出そうとした。

立ち上がり、振り返り、駆けだそうとして。

―――え?

突然、支えが失われた。右足の感覚が消える。床へと転がる。

目をやれば、足が、なかった。

「……うそ」

遅れてやってきたのは、痛み。

「ああ……ぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああああああ!?」

床を這う。痛い。訳が分からない。殺される。

娘の内に膨れ上がったのは、恐怖。それ以上に困惑。

亀のごとき歩みで進んだ先。何かに激突し、顔を上げるとそこにいたのは。

「あ………」

知り合いの顔をした、知り合いではない化け物。そいつは、娘の頭を鷲掴みにすると引きずり起こす。

外見に似合わぬ恐るべき力だった。

「無駄じゃ無駄じゃ。逃げられぬぞ?

さあ。言うがいい。あれは一体どこにある?」

「あ……いや………やめて……」

もはやうわごとのように繰り返すしかできぬ娘。それに対し、侵入者は問いを繰り返す。幾度も幾度も。

やがて、まともな返答を返さぬことに業を煮やしたか。侵入者は娘を投げ捨てると、腰に帯びた剣を抜いた。

とすっ。

音らしい音もたてず、それは娘の肩を貫く。

絶叫が、迸った。

「さあ。答えよ。

貴様の師が持っているはずのあれを。の在処を話すのだ」

「ああ……言う……から……やめ………」

息も絶え絶えな娘の口から言葉が漏れる。

そして……


  ◇


激しい衝撃。頬をぶたれ、耳元よりが聞こえる。る。

視界が暗転し、娘は目を見開く───いつの間に目を閉じた?───と、そこには知った顔があった。師匠が。狼の相を持つ麗人が、こちらを助け起こしているではないか。出かけていた、はずでは?

訳が分からない。私を襲った賊は?師匠が助けてくれたのだろうか?

そこで、気が付く。肩の傷がない。いや、吹き飛ばされた右足もちゃんとある。どころか、自らが寝台に横たわり、寝間着をぐっしょりと汗で濡らしているではないか。

「……夢?」

娘は呆然。あれほど真に迫ったものが、夢?

「大丈夫か?うなされていたが」

言われて、思い出そうとする。夢の内容を。駄目だ。何も覚えていない。ただ、酷い悪夢。それも、とても現実感のあるものだったことだけは覚えている。

「……へ、平気です。ごめんなさい、お師匠様」

「なら、いいが」

そうだ。夢だ。あれはただの夢に違いない。そのはずだ。

娘は自分にそう言い聞かせる。さもなくばおかしくなってしまいそうだったから。

師弟の住まう洞府に来客があったのは、その直後の事であった。


  ◇


異界の隠れ家。その寝台にて、邪仙はむくり、と身を起こした。

「やれやれ、なまっておるのう」

少女の顔で苦笑する。

が試みていたのは夢から夢へと渡る魔法。それを用い、あの洞府に住まう弟子の心へと押し入ったのである。

奴は何も覚えてはおるまい。しょせん夢である。寝入りが悪かったと思う程度であろう。

収穫はあった。

が奪われたもの。極めて貴重な魔法の道具の在処はわかった。さすがに自宅に保管しておく度胸はなかったと見える。

奪還に向けて準備をしなければならない。

邪仙は身を起こすと、支度を始めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます