小林泰三|失われた過去と未来の犯罪 第1回

作者 文芸カドカワ

フォロー 1話目から読む

ようこそ、謎と人間の新しい可能性へ――。 文芸カドカワ

「結城梨乃、17歳の女子高生の人格です」。
「数十分前のわたし」が書いたはずの全く覚えのない文章が、モニターに表示されている。
いったい何が起きているの―ー? 
「いま」を揺るがすSFミステリ!

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

小説情報

小林泰三|失われた過去と未来の犯罪 第1回

@bun_kado
執筆状況
完結済
エピソード
4話
種類
オリジナル小説
ジャンル
SF
タグ
小林泰三 SF ミステリー 記憶
総文字数
13,213文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
3人
応援コメント
1件
小説フォロー数
36

アクセス数