極道虫――愛と仁義とカブトムシとサクマドロップの物語――

作者 山野ねこ

16

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

ヤクザの親分が死に際に言い残した、数時間後に行われる取引を成功させるために、組員たちが、色々なことを巻き込んでドタバタするギャグコメディーです。

色々な人物の視点から話が語られるのですが、どの登場人物も生い立ちとかそこにいる理由とかが、しっかり設定されていて、それがいちいちバカバカしくて、笑わせてきます。
結構な人数、視点人物がいるのですが、みんなあり過ぎるくらいに個性があるので、これ誰だっけ? となることはまずないでしょう。

ギャグモノですが、ストーリーもしっかりしていて読みごたえがあります。
「え?!」っとなる、意外な人間関係。最後に収束していくストーリー。それらはギャグとともにとても見ものです。

作者さんのキャッチコピーに少しでも「フフッ」となったら、読む価値大いにありだと思います。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

冒頭部分を拝読した時、勢いだけで始まったノンストップストーリーだと思いました。最初は。ノンストップストーリーは事実です。勢い付き過ぎで、読んでいるこちらがつんのめりそうです。けれど構成と設定が妙に詳細で、勢いだけの作品ではありません。なお、設定は破天荒すぎるので、「我に返ったり、冷静になった」ら負けです(何に)。勢いに身を任せて楽しむ作品です。ニヤニヤが止まりませんでした(称賛)

★★★ Excellent!!!

――

最終話まで読ませて頂きました。ある日ヤクザの独角組の組長と、その組のシンボルであるカブトムシが死んでしまうことから始まるストーリー。
中国人との取り引き、10億、サクマドロップスとサクマ式ドロップス、カブトムシのヒナリコ。様々なストーリーが絡み合い、そして全てが纏まるラストは見事。そして節々に散りばめられるギャグもどれも面白い。

正直この作品はもっと評価されるべきだと思います。