五穀の器

作者 百舌巌(もずいわお)

それは崩れ落ちる怒涛のように……

  • ★★★ Excellent!!!

一年越しに、この小説を読んだ。
当時はカクヨムの仕組みが解らず、ろくすっぽ応援することもできなかった。
だけれど今なら、声を大にして言える。

これは、怒涛のような物語であると。

あらゆる事象がたった一つの結末に向けて明瞭に、しかし不可思議に向かって流れていく。
その勢いは凄まじく、あっという間に読み終えてしまうのだ。

カクヨム黎明期にあった不思議な勢いと魅力。
それが余すことなく詰まった終末への物語を、あなたへ――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

雪車町地蔵(そりまち じぞう)さんの他のおすすめレビュー 179