嗚呼、人間は美しい。

作者 久澄